スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第368話 完璧超人の教え!!の巻【ネタバレ注意】

キン肉マン368話より引用

前回のラスト、新技・ターンオーバー喧嘩ボンバーを炸裂させたネプチューンマンでしたが、これが恐ろしいほどに効いていないという事実。
やはり踏ん張りがきかない空中からの打撃では無理があったということなのか。
リヴァイアサンはロープの反動を利用し、即座に回転エルボーで反撃に移りますが……

キン肉マン368話より引用

背中を向けた相手といえばおなじみ棘チョッキの出番。
ネプはこれを棘でぶっ刺し、お得意のダブルレッグスープレックスで迎撃します。
必殺技の連発はやっぱり熱い。
ネプチューンマンには超神相手だろうと圧倒できるだけの爆発力があるってことを証明できた流れだったと思います。
ロビンも言ってるけど、ネプチューンマンならこれぐらいはやってくれるでしょう。

キン肉マン368話より引用

リヴァイアサンはザ・マンこと慈悲の神の言葉を思い出した様子。
ネプチューンマンの存在を知っていたことといい、ザ・マンの教えを覚えていたことといいリヴァイアサンはザ・マンと深い交流があったとみて間違いないでしょう。
というか、こいつらもやっぱり天界でもプロレスしてたんだな。

キン肉マン368話より引用

まるでザ・マンの教えを確認するかのように攻撃を仕掛けるリヴァイアサンと、それに応じるように反撃するネプチューンマン。
高度な攻防を見せる二人ですが、言動に余裕がある分リヴァイアサンのほうがやや優勢にも見えます。

それにしても、このシーンはスピード感があってとにかく見ごたえがある。
ここまで真っ当な格闘シーンが見られたのは一体いつ以来だろうか。
個人的に現時点では、超神編ベストバウトはこの試合かもしれない。

まあ刺さったトゲがズズズズッって抜けたのは相変わらず意味が分かりませんでしたが。

キン肉マン368話より引用

拮抗を崩すべく仕掛けたのはネプチューンマン。
喧嘩男時代から使用しているオリジナルホールド・喧嘩スペシャル
本人も言っているようにこの技が登場するのは久々。
ケンダマンやサンシャインですら脱出できなかった必殺技だけにリヴァイアサンがどうやってこれを切り抜けるのか見物……

とか言ってたら僅か一コマであっさり抜け出してた。
あの状況で関節の極まった腕を抜くとか相当な腕力の差が無いと出来ないだろうし、実はリヴァイアサンはとんでもないパワーを持ってる気がする。

キン肉マン368話より引用

そしてそのままバックフィリップで即反撃。
とにかく真っ当に強いリヴァイアサン。
超神はいままでキワモノが多すぎたのでなおのこと強く見える。
こういうのならザ・マンと同等に強いといわれても納得できるわ。

キン肉マン368話より引用

そこからネプが起き上がるのを待ってから繰り出したのは
肩のプロテクターを腕に移動させ繰り出すラリアット、ボルケーノボンバー

喧嘩ボンバーを受けてなお「超神のものはもっと効く」と言い放つ以上、その威力は相当なものなのでしょう。
今回でネプチューンマンのフェイバリットは粗方使ってしまったわけですが、ここから逆転するにはやはり新技に期待したいところ。

キン肉マン368話より引用

あと個人的には「現代の完璧超人は」って言い方が非常に気になる。
ここでまさかの古代超人界最強のネプキンの話とか出してくれませんかね?
(何度目かの期待)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする