スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第366話 発心の鎧!!の巻【ネタバレ注意】

キン肉マン366話より引用

遂に始まったネプチューンマンVS超神の一戦。
フードの下からは見慣れた剣道着姿の武道もどきが表れ、その正体に注目が集まったわけですが……。

キン肉マン366話より引用

その真相は、発心の鎧と呼ばれる神々の正装だそう。
もうちょっと答え合わせを引っ張ってくるものかと思いきや、即座に明かされる事実。
ただの剣道の防具にそんな意味があるとか思いもよりませんわ。

そんな謂れのある鎧ですが、ザ・マンは無量大数軍に紛れ込むための変装に使ってたわけで後付け感がハンパありません。
だいたい下天時はそんな剣道着着てなかったぞあのオッサン。

キン肉マン366話より引用

そんな流れでゴングとなり、ネプの試合ではおなじみの審判のロックアップからスタート。
中身がどうあれ、武道姿の男とネプチューンマンが組み合う姿はやっぱり絵になる印象。
可能であれば武道の姿のままでしばらく戦ってほしいところ……

キン肉マン366話より引用

とか思ってたら速攻でオーバーボディが割れてしまった……。
まずはその防具を剥すところから始めるとするか」ってセリフをネプに言わせてるんだからもうちょっと引っ張って欲しかった!
マジで武道の鎧に大した意味はなかったみたい。
ほぼ初見のインパクトを持たせるためだけの演出じゃねーか。

キン肉マン366話より引用

中から出てきたのはスマートなシルエットのロボ超人のような風貌の男。
なんとなくジョンブルマンとかカマーンダスとかあの辺のデザインに近い印象を受ける。
ぶっちゃけそんなに強そうには見えないというのが第一印象。
ただ立ち振る舞いは大物感あるし、これからの展開次第では十分盛り返しそうではある。

キン肉マン366話より引用

名前は禍福の神ことリヴァイアサン
リヴァイアサンといえば海の怪物なわけですが、見た目は全然海要素ないんだよなこの人。
対戦相手のネプチューンマンの元ネタが海の神だけに海に関連付けて名前を付けられたんだろうか。
なんとなく元々は別の名前で投稿された超人だったんじゃないかと思う。

キン肉マン366話より引用

戦闘スタイルは現状だと足技を主体とした打撃系か。
膝から出るブレードでロープ場を滑走するのはかなりめずらしい仕様かもしれない。

キン肉マン366話より引用

対するネプは自慢のパワーで押し負けるわ、シングルマッチなのにタッチを求めてコーナーに手を伸ばすわ、敵に背中を見せるわ散々な立ち上がり。
ここまでグダグダだと逆に盛り返しに期待ができそうだけど、なんとも失態が多すぎやしませんか。
個人的には強者としてのネプチューンマンに期待してるんで、もうちょい頑張って貰いたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あんかけ より:

    まさかの武道着特にネプと関係なしでしたね。
    コレ絶対、ゆでがお気に入りでもう一度描きたかっただけだろう〜とツッコミしてました(笑)
    個人的には超ゆで理論発動でネプキン再登場とか期待していたんですが、こうなるとヘタレネプさんとかいらんから、早いトコロビンに圧倒的な姿見せつけて終わらせて欲しいです!

    • カレースキー より:

      あんかけさん

      コメントありがとうございます。
      まさかあの鎧があの程度の意味のものだとは思いませんでした。
      それならフードなんて羽織らないで最初から発心の鎧で登場するのが筋だと思うんですけどね。
      ネプのへたれ描写は本当にがっかりするばかりなんで、イギリスコンビには快勝してほしいと願うばかりです。