スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第363話 最初の超人!!の巻【ネタバレ注意】

キン肉マン363話より引用

前回、超人という存在は新たな神を創るために神によって生み出されたものであるという衝撃の事実が明かされました。

ネプチューンマンは何故神々は新たな神を生み出さなければならなかったのか?そもそも神の狙い何なのか?と真っ先に思い当たるであろう疑問を口にします。

キン肉マン363話より引用

その疑問にエクスキューショナーは直接は答えず、逆にカピラリアの欠片はいくつ存在するかと問います。

カピラリアの欠片は神々の数、108に分割されたと以前説明がありました。
ただ旧作から言われてきた通り、神々の数は善良な超人の神100人邪悪五神を加え、計105

これに下天したザ・マンを加えても106とやはり数が合わない。
これはどう考えても元々ゆで先生ミス(もしくは後から改変した)だったように思えたのですが、ここにきてどちらも正しいという事実が発覚。
なんとも後付け感は否めないですが、いい感じに調理されて物語に絡んできました。

キン肉マン363話より引用

計算が合わないことに対し、他にも下天した存在がいる、あるいは超人に知られていない神がいるという仮説を立てるネプチューンマン。
しかしエクスキューショナーはこれを即座に否定。
108とは神の数ではなく神の席の数

キン肉マン363話より引用

存在できる神の上限などという概念的なものかと思いきや、天界に存在する文字通り席、物理的な椅子の数という意味。
椅子に漢字で「神」と書かれているところがなんとも分かりやすく、ゆでイズムを感じるポイント。ああこれは確かに神の席だわ。

これが埋まらないことに神々は不完全さを感じ、埋める手段として新たな神の候補である超人を生み出したというわけか。

キン肉マン363話より引用

ただここで気になることがひとつ。
神の数は時代により増減していた、というところ。
神が減るというのはザ・マン例のように下天したか、あるいは消滅するような目にあったかだと思うんですが、増えるという事態がなぜ起きたのかが謎すぎる。
増やせるんならとっとと増やして108にすることも可能だったと思うんですが。
とにかく超人を神にする以外にも神を増やす(増える?)方法があるということ。
その手段をとらず、超人という手段に頼らざるを得なかった理由が語られることはあるのかな?

キン肉マン363話より引用

そんなわけで席が埋まらないことに悩む神々に一石を投じたのはやはりこの男。
神はこの手で創るという慈悲の神にそそのかされ新たな生命体を作ることに着手し始める神々。
ああなるほど、神がデタラメに生み出したから多種多様な統一性の欠片もないビジュアルの超人などというトンデモ生物が存在するのか。

もうやってることが悪の科学者みたいなムーブなんですが。
こんな思い付きで神になりえるだけの力を備えた生命体を量産しちゃまずいって分からないのがもうヤバい。
実際この後大量虐殺する羽目になってるし。
神に育児なんて概念はないのかもしれないけど、好き勝手生み出されて、好き勝手処分された原初の超人たちが気の毒すぎる。

キン肉マン363話より引用

しかも、寄りにもよってゴールドマンとシルバーマンを生み出したのが慈悲の神という驚愕すぎる事実。
たまたま見出した逸材だったわけじゃなくお前が自分で作ってたのかよ。そりゃ強いわけだわ。
この二人の出身地が天上界と設定されているのも伝承の誤りなどではなく事実ということに。
今までの設定を上手く利用していて面白い。

超人を生み出すきっかけを作った慈悲の神が下天し、ザ・マンとして生き残らせた完璧超人始祖の管理を申し出たのも、大元の原因が自分の発言だったっていうのも大きいのかもしれない。

キン肉マン363話より引用

そんなザ・マンが先の戦いで悪魔将軍(ゴールドマン)に敗れたという事実は天界において大きな事件であったようで、超人の価値を見直す議論が巻き起こったといいます。

超人を新たな神として迎える派、超人殲滅派、サタンのがマシ派

サタンのがマシ派とかとんでもない連中が神の中に紛れていることに驚きを隠せないんですが。
実力で言えばジャスティスマンの足元にも及ばないのにあえてサタン様を押すとか、只事じゃない陰謀が裏で渦巻いてそうな予感。
邪悪五神よりよっぽど醜悪な神がいるんだろうな。

キン肉マン363話より引用

そんなまとまらない議論のさなか、やはりやってきたのは調和の神。
「ザ・マンの罪を裁くべく、超人の大粛清に地上へ向かう」と相変わらずのタカ派な発言。
ザ・マンの犯した罪とは椅子に座るべき候補を作りすぎたことだといいます。
候補が多すぎるから間引くのが目的っていうのは新しい事実かも。

ただ神々は超人を神にする前提で話をしているけど、じゃあオレ神になりますっていう超人っていないような気がするんだけどこの辺の落としどころはどうなるのか気になる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ごーざい より:

    更新お疲れさまです。

    サタン推しジジイ神については、ゆでたまご先生の天然ギャグが見事に炸裂した感じがします。

    神の増減の増って?について、あくまで個人的な予想ではありますが、下天や消滅(死)ではなく一時的な降格で神でなくなった者が神に復帰することが増加として扱われてるのかな…?と思っています。

    • カレースキー より:

      ごーざいさん

      コメントありがとうございます。
      今回はかなり話の深堀りがあり大変面白く読ませて頂いたのですが、なんか謎が謎を呼んでしまったような印象も受けています。
      神からの降格という線も確かにありそうです。
      その線で考えると今現在1人降格された存在がいるということになりますし、さらに話が膨らみそうです。