スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第353話 超人リモート会議!!の巻【ネタバレ注意】

超神との戦いは、超人がバベルの塔の試練を受けることが決まり一旦水入り。
各地の超神たちはバベルの塔へ集結する運びとなりました。

キン肉マン353話より引用

ラーメンマンとウォーズマンなんか常時ファイティングポーズをとったままでメッチャやる気だったのに、出番が回ってこなかったのはちょっと可哀そう。
ベアクローはめた状態で待機してるウォーズマンって結構珍しい気がする。

キン肉マン353話より引用

十字架の丘ではサムソン先生の亡骸がいまだ磔にされてて痛々しい。
こんだけ雁首揃えてるんだから誰か下ろしてやってください。

キン肉マン353話より引用

そしてここからは塔の試練に挑む8人の超人を決める流れ。
始めにザ・マンちゃんから完璧超人始祖は塔の試練への参加辞退が表明されました。
これはザ・マン、ジャスティスマンのみならず悪魔将軍も当てはまります。
(もし生きていればシングマンも)
ザ・マンのセリフにもあるように、今回の戦いは今の時代の超人で乗り切るべき問題。
彼らの活躍が見られないことは非常に残念ではありますが、こればかりは仕方のないことでしょう。

キン肉マン353話より引用

そして超人の選考に移るわけですが、真っ先に声を上げたのはやはりジェロニモ。
プリズマンから直にカピラリアの欠片を託された時から、このシリーズでの活躍が約束されていたようなものですが、自身のやる気もここに来てより増しているように見えます。
ジェロニモは不遇の時代が長く、仲間の足を引っ張ってきたという自覚もあり、自責の念にとらわれてきたことも分かるのでここでしっかり挽回してほしいところ。
人間時代にサンシャインを倒した男が弱いはずないと思うんですよね。
テリーマンからの後押しもあり、ジェロニモの参加はほぼ確定でしょうか。

そういえばテリーには義足問題があったんでしたね。この流れだと足は適当な理由をつけてにカピラリアの欠片を埋めて治すような気がしてきた。

キン肉マン353話より引用

次に名乗りを上げたのはアシュラマン。
やはりサムソン先生の敵討ちはこの男しかいないでしょう。
アシュラマンも強キャラでありながら近年勝利に恵まれていないので、そろそろ活躍させてくれてもいいんじゃないかと思います。
ジャスティスマン戦はあまりにも相手が悪すぎた。

そんなアシュラマンはジェロニモが試練に参加することに世も末と苦言を呈しますが、ジェロニモの強い意志を確認したこととライバルであるテリーマンの後押しもありこれを承諾。
これでこの2人の参戦は確定か……というところで

キン肉マン353話より引用

異議のある者ならここにいるぜ!

ゲェーッ!お前はサンシャイン!

メチャクチャ悪そうな顔して出てきた!

サンシャインがどの部分に異議があるのかまでは明言されていませんが、不服がありそうなのはジェロニモの選出の方なのかな。
アシュラの選出に異論があるとするならば、実はジャスティスマンにやられたケガが完治していないから代わりにサンシャインが出るとか。

そうなるならサンシャインとジェロニモのタッグなんかは見てみたいかもしれない。
ジェロニモの恐ろしさを直に感じたのはサンシャインだけだし、あの頃の力を引き出す切っ掛けになり得るのでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ルサンチマン より:

    こうなれば実力行使だ
    弱体超人にはごえんりょ願おうか
    ねえジェロニモさん?

    てのはさておき
    テリーマンの辞退に異議があるのでは?

    • カレースキー より:

      ルサンチマンさん

      コメントありがとうございます。

      >テリーマンの辞退に異議があるのでは?
      この発想は全くなかったです。
      万が一サンシャインがテリーの義足に変形する(地獄の義足)展開とかあったら75巻10冊買うw

      >こうなれば実力行使だ
      >弱体超人にはごえんりょ願おうか
      >ねえジェロニモさん?

      これも普通に見たいんですが……。