スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第351話 超神を見限った男!!の巻【ネタバレ注意】

先週まで続いたタッグマッチが終了したことで、早くも調和の神と対峙することになったスグル達。
早速、調和の神が口を開き……

キン肉マン351話より引用

ノトーリアスさんはあのまま倒されていたことが明言されました。
コイツの技を破る自信はあるぜ!とかめっちゃ強気だったのに、ノックアウト後に何のセリフもなく退場とか悲しすぎる。
血をウメーウメーしてるだけの男だったなコイツ。

調和の神は、今しがた超神に勝利して見せた二人はもちろんのこと、かつて他の神々と同じくキン肉星大王即位式でスグルが王座に就くことに賛同を示したようにスグルについても高く評価していることが判明。

ここで気になるのは我々は常に地上の平穏を願っておるというセリフ。
つまりスグルを王位につかせることも、今超人を殲滅しようとしていることも地上の平穏につながる選択だということ。

考えられる可能性としては、超人という存在の中から神にすら手に負えない脅威が誕生することが確定しており、その時期が目の前に迫っているとかそんなところでしょうか?
それならばイデアマンが神をも超える神になることを目標にしていたことも納得がいきます。
六鎗客編でキーワードの一つであった神超えも、神々以上の力を持つ相手と戦うことを示唆していたと考えることもできそうです。

キン肉マン351話より引用

ここでザ・マンちゃんが割って入ります。
旧知の相手・調和の神から、慈悲の神でなく最初の超神と呼ばれるも即座にそれを否定するザ・マン。
調和の神は超人と超神の間には明確な壁があるといいますが、そう断言するだけの根拠がありそう。
この話題はザ・マンによって打ち切られてしまいましたが、これは今後重要になりそうな予感。

キン肉マン351話より引用

話変わって今度は超人VS超神の対抗戦について。
場違い感のあるレオパルドンの戦いも、しっかりザ・マンに認知されているのがなんか嬉しい。
5戦を終え、超人側が3勝2敗。
ここまでに4人もの超神を撃破しているという事実。

ザ・マンはこれが”資格”になるのでは?と調和の神に投げかけます。

なんの資格なのかという部分が伏せられたまま、超人の実力を超神に思い知らせるという現在の状況は知性の神のシナリオどおりだったとかそういう部分が語られます。
またしても持ち上げられる知性の神。あんな胡散臭いビジュアルなのにやっぱり有能なんだな。

キン肉マン351話より引用

そして読者置いてきぼりのまま、超人たちに資格を与えるか否かを調和の神に問うザ・マン。

キン肉マン351話より引用

そして訳のわからぬまま資格を得た超人たち。

キン肉マン351話より引用

し…資格とは…なんのことじゃい?

ここでようやく疑問を口に出すスグル。
当事者の超人たち(と読者)を蚊帳の外にしたまま話が進みましたが、ようやくフェニックスによってこの資格とは何なのかが判明します。

キン肉マン351話より引用

天に昇る資格さ

ゲェーッ!ということは次の舞台は天界ですか?
なんかカピラリアの欠片争奪戦を雑に打ち切ってキター!
まあ超人側は欠片ひとつでも守り切れれば勝ちというザルすぎる勝負だったし、超神は思いのほか強くなかったし仕切り直しするのは有りだとおもう。

ただ、すべての超神が調和の神に賛同するとは思えず、天界に辿り着く前にひと悶着ありそうではあるかな。

キン肉マン351話より引用

そして地上から天界へと続く道はバベルの塔
またスケールのデカいトンデモ起源説的なモノが誕生してしまった。

そういえば天界から地上って、一方通行的な扱いじゃなかったでしたっけ?
59話で下天しようとするザ・マンに対し他の神が「二度と天界には戻ってこれぬ」って言ってんだけど。
これは(神の身としては)二度と戻れないとかそういう意味なのか、都合の悪いことは忘れよなのか。

スポンサーリンク

超人の神は105神?

バベルの塔以上に気になるのは神の数。
スグルの即位式では100の神と邪悪五神の計105神から賛同を得る必要があります。
そしてキン肉マン24巻13pでの真弓の発言から、超人の神は105人で全てということが分かります。
ただ今シリーズ314話でザ・マンが下天するタイミングでカピラリア光線照射装置のカギを神々の数である108に分断しそれぞれが1つずつ所有する取り決めをしています。
つまりザ・マンが下天してからスグルの即位式までの間に2人の超人の神が天界からいなくなっているということになります。

何者かに倒されたのか、それとも下天したのか分かりませんが、個人的にはこれが天界編のカギになる部分なんじゃないかと考えています。
まあゆで先生だから何事もなかったかのように数字を修正するかもしれませんが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする