スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第350話 祝福を受けるのは…!?の巻【ネタバレ注意】

前回のラスト、ゴッドセレクテッドはハーキュリーズのツープラトンリアルツインDDTを破り、それぞれフェイバリットであるマッスルリベンジャー、メイプルリーフクラッチに捉えたところからスタート。

キン肉マン350話より引用

やはりそれぞれが技を極めるというわけではなく、技同士を合体させツープラトンに移行しようという流れ。
ただ即興のコンビネーションということで、ドッキングのための位置調整すらままならない状況だったわけですが、

キン肉マン350話より引用

このフェニックスの「お前ならできる だからパートナーに選んだ」という一言で、ビッグボディ様が大覚醒。

火事場のクソ力を発動し、見事軌道調節に成功。
そのままドッキングし、イデアマンの首をビッグボディ様が右肩、そして両手でロック!

……まあその分ノトーリアスの両足がフリーになっちゃってるのがちょっと気になるんですが。

そんなわけで即興のツープラトンが炸裂

キン肉マン350話より引用

ゴッドブレス・リベンジャーーーーッ!!!

これはもう震えるほどカッコいい!
始めてマッスルドッキング見たとき並の衝撃と言ってもいいかもしれない。
合体不可能かと思っていたこの2つの必殺技をこんな形でひとつにするとか、やっぱりゆで先生は天才だわ。

キン肉マン350話より引用

そんなわけでこれで試合は決着。

正直言うとマイティハーキュリーズのふたりは好き勝手暴れて試合を荒らした印象しかなくあまり魅力的には感じなかったのですが、対するフェニックス&ビッグボディ様はそれぞれ魅力を掘り下げることが出来そういう意味ではとても試合だったのではないかと思います。

キン肉マン350話より引用

勝利が確定した後にはさらに絆を深める二人。
いやまさかビッグボディ様がフェニックスと対等な関係まで上り詰めるとは思いもしなかった。
こういう光景が見られただけで個人的に満足ですね。

キン肉マン350話より引用

勝利の余韻に浸る間もなく、フェニックスは先ほどまでマンモスマンが戦っていた地獄の門が移るモニターに視線を送り眉をひそめる仕草をみせます。
なんだかんだ言ってても試合が終われば仲間の安否を真っ先に気にする、こういう描写をしっかり入れてくれるので今のフェニックスは憎めない。

そんなフェニックスの様子に気づいたビッグボディ様は……

キン肉マン350話より引用

何かあれば真っ先にオレが相談に乗る お前はひとりじゃない」という頼もしすぎるセリフ。
イイヤツすぎるよ。気は優しくて力持ちを地で行ってる。
強力の神にそそのかされて~~とか言っていたクソヘタレビッグボディ様はもういないのだ。

キン肉マン350話より引用

そこにスグルも乱入。
なんだこの仲良しトリオは。
ビッグボディ様とスグルはほとんど面識ないんだろうけど、こうしてみてるとメチャクチャ馬が合いそうだ。

キン肉マン350話より引用

そんな和気藹々としたムードの中、意識を取り戻したイデアマン。
超神もすべてのものが超人の殲滅を目的として下天したわけではなく、知性の神の言葉から超人に可能性を見出したイデアマンのように他の理由から下天した者もいることが判明。
邪悪五神が有能という驚きの言葉も飛び出し、非常に続きが気になるところで幕引き。

キン肉マン350話より引用

超神側が殲滅目的の者のみでないというのがこのシリーズの肝になりそうな予感。
これならスーパーマンロードの神が出てきても何も不思議ではないので、ジェロニモとの対戦も実現しそうだ。

キン肉マン350話より引用

それにしてもノトーリアスさんの扱いが酷すぎないですか?不自然なまでにセリフが無いし、実は生きてるとかありませんかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 七氏 より:

    技が緩んだというかそういう状況なのに外せなかったノトーリアスさん…

    • カレースキー より:

      七氏さん

      コメントありがとうございます。
      何かあるかと思いきや、その後セリフひとつなく退場とかバイコーン先輩ばりにクソな扱い。