スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第349話 タッグ屋の原点!!の巻【ネタバレ注意】

キン肉マン349話より引用

前回のラストでザ・ノトーリアスが繰り出したノトーリアス双頭斬首刑はまともにゴッドセレクテッドの二人を捉えた様子。
1人でこの2人に技を決めること自体そうとう厳しいだろって思ってましたが決まっちゃったか。
こういうところからは超神の地力の高さが伺える……んだけどやっぱり決定打には至ってないので1発1発の怖さがないのがちょっと残念。

そのせいか、追撃で繰り出すサーベルタイガーデンスからのひたすら血を求めるどうしようもなく低俗なセリフにばかり目が行っちゃう。

生贄子羊超人の血をもっと~~~~っ!

なんでコイツこんなにも欲におぼれてんのよ!究極タッグのセイウチンみたいなムーブやめろや。

キン肉マン349話より引用

挙句、血を吸うのに夢中すぎて後頭部がお留守というありさま。
本当になんなんだこのどうしようもない神たちは。

いい加減にしろこのケダモノ神め!

そんなフェニックスのツッコミがすべてを物語ってるな。
いくら狂気の神とはいえ自ら狂気に溺れて結果スキをさらしているっていうのは、なんかもうどうしようもない感じがする。

キン肉マン349話より引用

天界の神々に最も必要なのは…生きた超人の血肉だったんだ~~~~っ!

そのまま血を求めた結果、狂った方向に開眼しちゃってるし、コイツはもう駄目なんじゃないのか!?
生き血の味を覚えたことであきらかに弱体化してるぞ。

キン肉マン349話より引用

ここで唐突にイデアマンの過去回想。
タッグ技を繰り出すハーキュリーズの元に現れるムキムキ知性の神。
ハーキュリーズのビジュアルは下天する前でも変化なさそう。
神をも超える神になるという目標を掲げていた二人に、進化へのヒントは超人にこそあると言い出すメガネ。
知性の神ってそこまで超人に可能性を見出してたのかよ。
もしかして邪悪五神っていうのは、神々の中で異端な思想を持った五神とかそんなのの蔑称なのかも。

キン肉マン349話より引用

舞台はふたたび現在へ。
またしても血をすすることに夢中なノトーリアスさんは、今度はビッグボディ様によって引きはがされおーすいスープレックスでぶん投げられますが……

キン肉マン349話より引用

知性の神の一言を反芻するイデアマンにフォローされるという超神らしからぬ立ち回りに激高。
イデアマンはこの戦いをきっかけに変わりつつある様子。
この試合っきりの使い捨てかと思われたイデアマンですが、この心情の変化がもしかすると今後の出番に繋がるか。

最後は改めてハーキュリーズのツープラトン、リアルツインDDTへの流れとなったわけですが、

キン肉マン349話より引用

なんか雑に首を引っこ抜くだけで破られてやんの。
いくらタッグのコンビネーションに粗があるとはいえ、超神最強タッグのツープラトンがこんなことでいいのか。

キン肉マン349話より引用

ここからはもうゴッドセレクテッドのターン。
マッスルリベンジャーとメイプルリーフクラッチの競演が始まる!
これが見たかったんですよこれが!
お互いの体制的にドッキングは厳しい気がするんだけど、無茶苦茶な理論で合体してくれてもいいのよ。
この試合は演出こそ光るシーンがあったけど、試合そのものの駆け引きはグダグダだった印象なんで最後はサクッと終わらせてほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 七氏 より:

    お疲れ様です
    ドッキングはどうするんでしょうね
    ビッグボディ様が先に着地からのフェニが石頭めがけて落下とかそういう感じと
    勝手に想像してますが

    • カレースキー より:

      七氏さん

      コメントありがとうございます。
      ビッグボディ様の石頭が伏線だったわけですねw
      ダイヤモンドパワーすら砕く石頭はかなり見てみたいです。