スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第347話 インテリジェンス・モンスターの真価!!の巻【ネタバレ自重】

キン肉マン347話より引用

前回のラストでマイティーハーキュリーズのツープラトン、リアルツインDDTを食らったゴッドセレクテッドのダメージが気になる引きだったわけですが……

キン肉マン347話より引用

結局、無力化したわけでも致命傷を受けたわけでもなく、それなりのダメージを受けたというなんとも現実的な落としどころ。

個人的に超神最強タッグのツープラトンを受けてなお立ち上がれるセレクテッドが凄いっていう印象よりも、ツープラトンで仕留めそこなったハーキュリーズが残念って印象が強く感じる。

キン肉マン347話より引用

ハーキュリーズの勝ちを確信してるかのようなセリフもそれを加速させる。少なくとも勝負感みたいなものはかなり劣るタッグだと思う。
こんだけ慢心してるキャラが勝つイメージ、全くわかないんですが……。

キン肉マン347話より引用

ビッグボディ様の「お前らの技がショボイからだよ」はさすがに強がりなんだろうけど、事実として完璧に決まったという認識で手負いの二人を仕留めきれてない程度の威力なわけだし、またしても超神は大して強くないような気もしてくるから困る。

キン肉マン347話より引用

イデアマンはお得意の理性のかけらもない舌戦で返り討ちにあってるのはさすがに草。
偉そうなのはお前だろ!はズルい。最強のカウンターじゃんこんなん。
フェニックスはさすがに口喧嘩なら最強だわ。もうこの路線で突き進んでほしい。

煽られ反撃に出るイデアマンは実況からも「激高して……」とか言われちゃってるし、もう本当にどこら辺が理性の神なんだか真面目にわかりません。
こいつは少なくとも超人の行いをどうこう言えるレベルの存在ではないわな。

キン肉マン347話より引用

防御一辺倒の戦いにスイッチしたフェニックスの姿に何かしらの思惑があると感じ取ったビッグボディ様はここで盾役を志願。
しっかり相棒の意図をくみ取って立ち回れるのがいいなあ。
すっかりボロボロなのにものすごく頼もしく感じる。

キン肉マン347話より引用

キン肉マン347話より引用

普通、耐え続けろって言われたら馬鹿正直に防御姿勢で固まりそうなところを反撃で対応したりと要所要所での攻守の判断も適格だし、強者感が日に日に増してきてるなビッグボディ様は。

キン肉マン347話より引用

ラストはハーキュリーズを欺き隙をついたフェニックスがマッスルリベンジャーの体制へ。
このタイミングでのリベンジャーということで、少なからず不安のあるラスト。
しかしこれだけお膳立てされての発動だし(サブタイトルも「インテリジェンスモンスターの真価」だし)、単純に実力差で破られるという流れにだけはならないと思うんですよね。欲を言えばリベンジャーをアレンジした新技が見たいんですが。そろそろフェニックスにも花を持たせてやって欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする