スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第345話 急造タッグの慢心!!の巻【ネタバレ自重】

スグル到着ということで、各キャラクターそれぞれのリアクションが個性的で楽しい幕開け。

キン肉マン345話より引用

超神ボスポジションの調和の神ですらスグルには興味があるご様子。

キン肉マン345話より引用

そしてフェニックスは相変わらずの塩対応。
露骨なまでに突っぱねるところが、どうしてもツンデレにしか見えない。

キン肉マン345話より引用

そしてビッグボディ様。
謝罪から入って、フェニックスの非礼をフォローする器のデカさまで見せるとか大物感が凄い。
なんかこの男、出番があるたびに魅力が増している気がする。
強力チームの面々が心酔してるのも今ならわかる気がしてくるから困る。

キン肉マン345話より引用

仕合の方はというと、ビッグボディ様が威勢よく飛び出したまでは良かったのですが

キン肉マン345話より引用

やはり一方的な展開。
ノトーリアスのサーベルタイガースープレックス、イデアマンのイデアツイスターと2超神の必殺技を立て続けに喰らう始末。

さらに追い打ちで新たなツープラトンを披露。

キン肉マン345話より引用

パラサイトストーム

なんだこれ?また凄い技でてきたな。
ノトーリアスがイデアマンの腕に巻きついて武器になるだけのツープラトン。
飛んでいかないスプリングバズーカというか、変形しない戸愚呂兄というかなんとも無理のある印象。

いやまあこのバカっぽい合体技、個人的には大好きですけれど。ミスミスザクという効果音も最高!
個別に戦った方が強いんじゃないのってツッコミはしちゃいけない空気がある。

そんな技でもビッグボディ様は好き放題引っかかれ、タッチを要求したフェニックスもろともボコボコにされる始末。

フェニックスはビッグボディのやり方を否定し、自分の命令に従うよう促しますがこれがビッグボディ様に火をつけた。

キン肉マン345話より引用

命令?おいフェニックス フザけんなーーーっ!

タッグとはそういうもんじゃねぇだろうがーーーーっ!

熱い展開きたなー。
旧シリーズからフェニックスはチームメイトを駒扱いするきらいがあるのは周知のとおり。
それじゃタッグチームとして計算通りの結果は出せたとしても、計算以上の結果はだせないでしょう。
そういうフェニックスの悪癖をビッグボディに矯正させるこの流れは面白い。

ただ、この試合でのフェニックスの忠告にも理はあるので、互いの歩み寄りが試合の肝になってくるんだと思います。

序盤で仲間割れやってるタッグは大概勝つ印象だし、これは素直に勝利フラグととらえていいかもしれない。

互いの長所を生かし欠点を補うタッグに成長することを期待して、流れを見届けたいですね。

キン肉マン345話より引用

しかしビッグボディ様はなんでこんなに絵になるんだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする