スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第329話 の巻 憤怒の逆鱗!! 胸腹部貫通でもピンピン!【ネタバレ自重】

スポンサーリンク

今週のバイコーンさん

先週に引き続き現状優位ではあるものの、隠しきれない焦りが見えるバイコーンさん。
元神としての威厳はどこへやら、出すわ出すわ必殺技のオンパレード。
ハイジャックホルンブリーカー聖なる碑落としバイコーントリガーギムレット

キン肉マン329話より引用

にも拘わらず手負いのプリズマンを仕留めきれないのは、さすがにどうかと思う。
初陣の焦りとプリズマンの異常な粘りに気圧された結果、技が散漫になっていたとかならまだ救いはあるけど、仮にそうだとしてもザ・マンと比較するとどうしても数段落ちる感。
まあ立場的に同格(超人強度もか)と言っても、あっちは数億年単位で鍛錬を積んでいるわけだし、そういった過程を経ていないぽっと出の超神がそれほど大した敵ではないっていうのもまあ当然かもしれない。
神であった頃から腕を磨き続けていたとかなら事情も変わってくるだろうし、その辺は別の超神に期待。

今回の頭突きの連打や聖なる碑落としは迫力あったんでそこは好き。

レインボーシャワーが効いた理由

傷を負わせた部位はカピラリア七光線から守る膜が薄まるという少々強引な展開。
これがまかり通ると、傷さえつければどんな超神もプリズマンで倒せる事になりそうなんで、この試合でプリズマンは再起不能にされそうな予感。

今週のプリズマン

キン肉マン329話より引用

レインボーシャワーが効いたのは偶然の産物でしたが、それを切っ掛けに勝ちに繋げようっていう姿勢が良かった。
散々みせたレインボーシャワーの構えをフェイントとして使って後ろに回り、背後から有効部位にレインボーシャワーを当てに行く流れが最高。
相手のスキは逃さないわ、二度目のギムレットにはしっかり返し技をいれるわで、勝ちへの執念が凄い。こういうのが見たいんだよ。

新技のプリズムシュピーゲルクラッシュは自分もダメージ受けそうだし、そこまで強力そうに見えないのがアレだけど、飛び道具だけでなくしっかり近接戦用の技を用意してるのが分かって良かった。
技名にSpiegelとドイツ語が使われてるのは、ベルリンの赤い雨と同じくアイツの影響を受けているのかも。

まあ前回持ち上げた本来の姿を速攻で捨てたのはどうかと思ったけど。
好意的に考えれば、体に搭載されているプリズムの量が多ければレインボーシャワーの威力が上がるとかかも知れないですね。

背中を貫通する掌底について

キン肉マン329話より引用

今回一番の問題シーン。
あんな力の入らない体勢からバイコーンの背中を貫く威力の一撃を放つプリズマン。
なんだこれ……。
バイコーンが脆いのかプリズマンが凄いのか。

掌が飛び出している位置から考えれば、レインボーシャワーを重ねて当てた部位から貫いているように見えるので、七光線の効果でバイコーンの体内はズタズタになっていて結果なんでもない掌底で貫通させることができた……のかもしれない。

どっちにしろこの状態でピンピンしてるバイコーンにも違和感を覚える。
昔のキン肉マンならこれで決着ぐらいの致命傷だと思うけど、この間のペンチマンといい近年超人は頑丈になってんのかなぁ。

まとめ

しっかり勝ち筋を見つけて、勝利を手繰り寄せようとするプリズマンの姿が光る回。
前回、前々回とどうなることかと思っていたけど、ここまで魅力的に仕上がるとは思ってなかったですね。

バイコーンは現時点だと勝敗はともかくとしてキャラ的にどうしようもないんですが、ここから巻き返しとかまだあるのかなぁ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 七氏 より:

    プリズマン辛勝もしくはドローに近い状態で
    バイコーンは情けない奴めとかそんな感じで粛清されそうな気がしなくもない…