スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第304話 真・オメガの救世主!!の巻! !大魔王サタン再登場!【ネタバレあり】

前回アタルによって語られ始めた、スグルにも匹敵するというアリステラの秘めたる力。
そのような絶大な力を秘めているからこそ、アタル、フェニックスはその力の行使を止めるため、そしてサタンは利用するために近づいてきたことが判明。

しかしアリステラ自身はそんな力を秘めているといわれても、オメガの教えを否定し、信じた道を見失ったことで力を手にすることに自信喪失、ためらいを覚えてしまっている様子。
ひび割れたマスクやゆがんだ表情からも、その苦悩がにじみ出ているように見えます。

そんなアリステラに真っ先に声を上げたのが、六鎗客の生き残りパイレートマン。
オメガの救世主としてあり続けたアリステラ、そんな彼に六鎗客の面々ひいてはオメガの民が惹かれていたのはその強さや能力によるものなどではなく、私利私欲を捨てオメガのために尽くしてきた人格があったから。
そんな信じてきた相手だからこそ、今の姿を見ては声を上げずにはいられない。

同じ目標を掲げ、戦いをを共にしてきた戦友との時間がアリステラの脳裏をよぎります。

スパーリング後なのか、皆で焚火を囲みジョッキ片手に骨付き肉を頬張る姿が素敵。
ほぼ全員マスクマンみたいなもんなんですが、やはりそのまま飲み食いできるんだなお前らも。
ディクシアがいないってことは比較的最近なんですかね。

見失った道と海図を読み海路を選ぶ船乗りをかけて上手いこと言った気になっているパイレートマンが照れから人差し指で鼻の下をこするという昭和のリアクションを組み合わせてくるのはズルい。
吾輩さんこういうのやりそうなキャラだもん。

苦楽を共にした仲間の叱咤激励を受け、迷いが晴れたアリステラさん。
オメガの教えは絶対、しかしその教えに過ちがあればそれを正すのも当主の定め。
自分の代でオメガを変える。
そんな覚悟を抱いたアリステラが見つめる先には……

散っていった仲間の姿が……。
そこにはちゃんとディクシアの姿も。

マリキータマンの姿がないってことは、やっぱり無事なんだなやったぜ!←フラグ

ようやく凝り固まった思いを氷解させたアリステラの姿を見たブロッケンは……

またしても号泣!
しかもその表情がいい。なんて良い笑顔なんだよこのバカ野郎は!

そんなブロッケンの姿にアタルは泣き虫よばわり。

ですが……

「だが弱虫ではない その涙は…お前の誇りにしていい涙だ」

アタル兄さん、アンタも上手いこと言うのか。

それを受けてブロッケンはチキショウ
言葉にならない感動をチキショウにすべて込めるブロッケン式会話術発動。
令和に書かれたとはとても思えないやり取りですが、これがまた胸熱。

そんな平和な空気をゴロゴロとぶち壊してきたのは……

そう大魔王サタンです。

アリステラたち六鎗客の戦果には不満タラタラなご様子のサタン様。
ここでアリステラはサタンの行動に裏があるとすら考慮していなかったことが発覚。
世間を知らなすぎるぞこのご当主。良いとこの坊ちゃんだし周りにいいやつしかいなかったのか?

サタンからしてもアリステラは奇跡ともいえる逸材。
そんなアリステラにサタンが目をかけていたのは、アリステラの力が神越えの1億パワーを超え、超人墓場に突入するときまでまってその身を依り代にするためでした。
悪魔将軍とサタンの関係も依り代の一言で粗方解決しそうだなこれ。

そんなサタンの勝手な言い分にアリステラは敵意むき出し。
そんなものではこの世の仕組みは変わらない、オメガの望みではないと語気を荒げますが……

サタンはオメガの主張など知らぬ存ぜぬ。
恨みの念の薄れた連中に利用価値を見出せぬとお得意の制裁へ。バッファんときのあれか。
大口から吐き出された漆黒の杭がアリステラを目掛けて飛んでくる中……

その身を挺してアリステラを守ったのはマリキータマーン!←フラグ回収
オメガの未来のためアリステラだけは死なせはしまいとその身を盾に……。

最期までイイヤツじゃねーかチキショウ!

しかしあんなボロボロの体でよく反応したなコイツ。これが思いの強さか。
連戦に次ぐ連戦、あんだけの大技を受けてリング下に落下したのにアタルより行動早いとか流石すぎる……。このシリーズの敢闘賞はマリキータでいいよ。

スポンサーリンク

まとめ

キン肉マンは試合じゃないパートが面白い。
アリステラの迷いが仲間との絆で瓦解するところが素敵。
なんだお前、マジでオメガのスグルじゃねーか。
最初は悪役らしい悪役を期待してたんだけど、別のベクトルでキャラが育った感がなんとも。
いやこれはこれでいいんだけどさ。
ゆでの描く悪役って大体、最後は粗暴な仲良し集団に成り下がるのは何でよ。


年末は久々に感想以外の記事を更新予定です。
機会があれば読んでいただけると幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キン肉マン大好物オヤジ より:

    遅ればせながら師走の忙しい中の更新考察有り難うございます!
    六鎗客編も年内に決着がついて一段落といったところでしょうか?
    マリキ身代わりになってサタンの制裁を受けるなんてなんて良いヤツなんだ。昭和オヤジなら号泣ものの胸熱展開ですね。

    只、これだけ思わせ振りに話を引っ張っておいて、サタンが依り代としてアリステラを利用していただけなら話が浅すぎるし、一連のやり取りに府に落ちない部分が出てくるので更に掘り下げた話が聞けるのか来年以降注目ですね。

    来年も面白い考察を楽しみにしてます。良いお年を!

    • カレースキー より:

      キン肉マン大好物オヤジさん

      あけましておめでとうございます。遅ればせながら大掃除を始めたカレースキーです。
      いつも勿体ないお言葉ありがとうございます。
      本編はいいところで年跨ぎ、少しばかりキリの悪い状態で待たされているのはなんとも歯がゆいですね。
      サタンは出るたび設定がコロコロ変わっている印象があるので、いい加減設定を固める意味でもいい感じに料理してほしいところです。

      今年も可能な限りご期待に副えるように頑張っていきます。お目汚し程度ですが新年一発目にひとつ記事を追加しましたので、どうぞよろしくお願いいたします。