スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第298話 オメガの猛攻!!の巻 アリステラはかつてのブロッケンJr.!【ネタバレあり】

前回のラストでアタルをジャイガンテグローブカッターに捉えたアリステラ。
業火のクソ力状態での大技二連発ですが、個人的には旗色が悪そうに見えます。
オメガハンドの指を失った影響も技の威力に影響があるのではというコメントも前回頂いており、ああ確かにその通り。さらっと読み飛ばしていた自分が恥ずかしい。
それもあって、さすがにこの流れでアタルが沈むってことは無いでしょう。

念願の力を得た余韻に浸るオメガ勢のお二人。
技の威力に指の負傷の影響はないってホントかそれ。
なんとも(ゆで先生の)言い訳っぽくも聞こえます。
あれで完璧に決まったんだとか。
まあ完璧完璧言い出す時ほど完璧からほど遠いのはいつものこと。
案の定……

立ち上がってくるアタル兄さん。
ダメージこそあれ、意識もはっきりしているようですし、なによりしっかり地に足がついています。思ったより随分無事なんだな。
あの大技二連発でこのダメージってことは、やはりアリステラは業火のクソ力への理解なり使い方に誤りがあるんでしょう。
しかし腕の傷跡がカッケーな。傷の付いた理由はクソダサいけど。

追撃とばかりに殴りかかるアリステラでしたが、アタル兄さんにはほとんどノーダメ。
気の済むまで殴れと言い放つアタルからは余裕が見えます。
攻勢にでているはずのアリステラの方がむしろ焦りを見せる有様。
言い訳がましい持論をまき散らしながら拳を振り回す姿はもはや敗者のそれ。

徹底して受けに回っているアタルの姿に、ブロッケンは反撃するか交代するかしろと一度は口に出しますが、アタルの目に何かを感じ取った様子で謎の号泣を見せます。
なおもアタルに対する攻め手を緩めないアリステラの姿……。
そこにブロッケンが見たものは……

アリステラは…かつてのオレ自身だ!
ゲェーッ……そうくんのか。斜め上すぎんだろ(;´Д`)
ラーメンマンに対する復讐に燃えていた頃のブロッケンかぁ〜。
本当に今の今、闇雲に攻め立てるこのシーンだけ切り取ればそう読めなくもないけど、なんだこの思いつきで追加したっぽい展開は……。
アタルはアリステラのそういう部分を理解していたからブロッケンをパートナーに選んだって部分、本当かよ。本当なら超人の未来がかかった戦いだってのに随分な舐めプな気がする。勝ちに徹したから自分を最も理解しているブロッケンを選出したんじゃねーのかよアタルにいさん!!まあそれでもベストがブロッケンだったってことならしゃーないけど。

あー。あとこれ。

ここだけ切り出すとラーメンマンしんだみたいだからやめて!

しんでないからその人!マッスルガム宮殿でピンピンしてるから!

そうこうしているうちに、アタルの鉄壁の守りに埒が明かないと判断したアリステラは……

またしてもオメガグロリアスの新ツープラトン・グロリアスエヴァンタイユ!
技の移行までが早い早い!アリステラの態勢見ただけでマリキータが仕掛けるし。コンビネーションの良さは最高じゃないのかこのコンビ。
ビジュアルの方はふたりがかりのパロスペシャルみたいで素敵。
実質ツープラトン№3だけど、今度はナンバー表記なし。ホント、なんでナンバーついてたのナンバー2のアセンションギブレットだけだったんですかゆで。
それとも1と3が他にあるんでしょうかね?

しかしこの技にはブロッケンが即カットに入る!うほほーい的確!
スピーディーでいいなこの流れ。
その決断の速さを試合序盤にも見たかったなー。|д゚)

ブロッケンはアタルのしようとしていることの後押し宣言。
そこからはまた横槍もなく一対一の流れ。
そして自分とスグルが似ているというアリステラの自説にアタルが反論。

似ているのは願いの大きさだけ。願いには二つに種類がある。
スグルの願いは“祈り”、そしてアリステラの願いは“呪い”。
そのふたつの差が…火事場のクソ力の最大の決め手となる!

願いの種類が二つっていうのはなんか違う気がするけど、ゆでのやりたいことはまあ分かる。パイレートマンがスグルのクソ力を見た時に評していた敵を救うのために使えるかどうかで差が出るっていう部分に繋げたいんだろうな。アタルのクソ力がアリステラのそれを上回って良そうなのもその辺が鍵というわけか。

まーあれですね。アタルが上手いことやればアリステラも生存できる可能性がありそうなのが良かった。
オメガにも救いがあってこそのこの戦いって気がするし。

しかしアタルはいいタイミングでクソ力を再燃させるな。

スポンサーリンク

まとめ

今回のタイトルは「オメガの猛攻!!」でしたけど、なんともタイトル詐欺感がすごい内容。
業火のクソ力を習得してからどうもアリステラは空回りしているようにみえるんですよね。
すっかり主役の座をアタルに奪われています。
この試合も次々回あたりで決着でしょうか。どんな感じで決着になるのか楽しみです。


今度はクイズブックが発売。オッサン向け漫画でクイズブックとか正気とは思えない企画が通ったのがスゲーよ。
七悪魔の超人強度を低い順に並べなさいとかいう問題ありそう。

前回の感想はコチラから。

前回のラストでアリステラをナパームストレッチの体制に捉えたアタル兄さん。 業火のクソ力を習得される前に倒しきってや...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キン肉マン大好物オヤジ より:

    今晩は!更新&考察有り難うございます。

    ついに待ちに待った熱い展開がやって来たって感じですね☆
    アタル兄さんが頭を突き合わせて説教するシーンたまりません。かなりテンションが上がりました。
    ~の業火再点火の流れと劇画タッチのアタル兄さんに気絶寸前になりましたw
    でも、です!カレーさんも感じてるようにブロがアリスに対して自身を投影する場面だけは同じく?となりました。
    なんか無理やりぽくないと取って付けた感がねなんとも…
    直接の敵で因縁がある戦いと直接の因縁がない者同士の戦いが重なるなんて無理があるし、それが本当にブロを選んだ理由であるなら「えっ?」となりますよね

    • カレースキー より:

      キン肉マン大好物オヤジさん

      いつもコメントありがとうございます。
      ブロのあの投影シーン、なんというか本当に唐突でしたね。読んでて「何言ってんだコイツ?」ってなりましたよ。
      あれ納得できた人どれだけいるのやら。まあゆで先生らしいっちゃらしいんで、別の意味でお気に入りのシーンのひとつになりそうですが。(‘ω’)
      一方、アタル兄さんには結構な大任が課せられていますね。
      こちらは良い方向に転がってくれると信じて次回を待とうと思います。

  2. olap より:

    ブロッケンとアリステラの所は単行本を読み直すと理解出来なそうだけど、この話だけ読んだら納得出来ました。オリンピックの時のブロッケンは無理してる感じがしてたので。

    アリステラが王になるのを放棄したアタルに無責任と言うのは上手いですよね。エヴァンタイユは私もパロスペシャルを二人でかけていると思いました。

    呪いと祈りが第二段階と第三段階の差なんでしょうね。まぁ相手を思いながら戦うのは難しいですけど。