スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第290話 冷静の張り手!!の巻 ブロッケンはアタル依存症?【ネタバレあり】

前回の感想はコチラ

今回は気負いすぎたブロッケンをアタルが張り手で気合を入れた直後からスタート。
ようやく本当の意味で試合開始といったところでしょうか。

しかしアタル兄さんがブロッケンを叩いたことがリングアナから奇行とか言われてるのが少し気になる。
そこまで言うか!?
タッグパートナーがあんだけ暴走してたら誰だってぶん殴りたくなりそうなものだけど。

語ることなくブロッケンの目を覚まさせたアタル、そしてその意図を瞬時に汲み取ったブロッケンの評価を改めるオメガ・グロリアスのふたり。
特にブロッケンに対してはアリステラがヤバいとまで評するほど。
えぇ?あの一連のやり取りってそんなに警戒するほどの事なの?
そこまでなんですか?っていうのが正直なところ。

訓練されてやがる
なんとも飼い犬的な表現をされているのが気になりますが、ブロッケンに対しさすがのマリキータマンも警戒せざるを得ない様子。
でもまあ本当によく訓練されていたんだとしたら叩く必要も無かった気がするのがやっぱり気になるんですよね。

まあそんなことはさておき、試合はここからが本番。

速攻を見せるマリキータでしたが、冷静さを取り戻したブロッケンはこれに即対応。
的確な判断で反撃に転じます。
この思い切りの良さこそブロッケンの強みだと個人的には思っています。
驚異のタフネスを持つマリキータに吐血させるだけのダメージを与えているのは流石。
もちろん過去2戦のダメージの蓄積あってのことだとは思いますが。

攻め手を緩めず追撃を試みるブロッケンでしたが、相手はあのカレクック、ゼブラと強豪を続けて撃破してきた百戦錬磨のマリキータマン。
ブロッケンの攻撃に対しカウンターからの怒涛の連撃。
迎撃技としてのイメージの強いミミックニードルを攻撃で使用。
連戦の直後だというのにその疲れ、ダメージをほとんど感じさせないチートじみた強さは健在。
ゼブラ戦の時も書いたと思うけど、地味だけどクソ強いよねマリキータ。

なんだかんだで試合はマリキータのペース。
続けてマリキータが出した技が……

出た~~っ!ロールシャッハ・ドット
相手の深層心理を模様として浮き上がらせる技。
カレクックは炎、ゼブラはシマウマでしたがブロッケンは……

ゲェーッ!ソルジャー隊長
どこまでアタル兄さんに心酔してんだお前は。一途すぎて引くわ。

心の内を読まれた動揺からかブロッケンはマリキータに成すがまま。
すんなりロープに降られ、ミミックニードルでの体当たりを再度受けてしまう始末。

オレひとりじゃどうにもならん
ブロッケンもマリキータの強さを認めちゃってるよ。どんだけ強いんだよマリキータ……。
それに相手が強かろうがそんなものお構いなしのファイトで勝利をもぎ取ってくるのがブロの強みだと思ってたんですが……。
なんかこのブロッケン、オレの知ってるのと違うぞ!?

ロールシャッハ・ドットで見破られた深層心理、アタルへの絶大な信頼(もはや依存)については……

見破られたその思いは嘘じゃねぇかもな」とか認めちゃってるし。
ブロッケン、なんか精神的に弱くなってねーか?
それだけ信頼が本物ってことなんでしょうけど、これはちょっと。

マリキータの猛攻からの反撃も完全にアタル頼み。
いくらタッグマッチだからってそこはパートナーに丸投げすんなや。ロープに振られてるだけなんだし、もうちょい頑張ろうな。
ブロッケンは知性チーム戦を先に離脱したから知らないだろうけど、その兄さん、パートナーのタッチ拒否とか普通にしてくるんだぜ。

アタル兄さんはロープを固定するという方法でリバウンドを阻止し反撃に移ります。
ロープを固定したらそれはそれでブロッケンにダメージが行きそう(言うだけ野暮ですが)だけど、ミミックニードルを喰らうよりはまあマシ。

ここで二人の信頼から放たれる起死回生のツープラトン、バトルフィールドドロップキックが炸裂!
なんだかんだ言っても、ゆで先生はキャラを立てて良い部分をしっかり魅せるのは上手いんですよね。
何の打ち合わせもなく猛攻をしのいで反撃に移れる信頼関係の描写は文句なしにカッコいいです。この部分だけ切り取れば良い回だったという印象でした。

スポンサーリンク

まとめ

前回に引き続き、あくまで個人的な意見ですがブロッケンの持ち味が活かせてない印象。
要所要所は良い部分も多いんで、なんか勿体ないって気持ちになっちゃうんですよね。
やっぱりブロッケンはギラついてなんぼだと思うんですよ。大体、王位争奪戦の時はこんな主従関係なかったじゃないですか。どうしてこうなった。

これキン肉マン仕様のネクタイなんですが、コテコテのキャラクターグッズとは違い仕事でもつかえる落ち着いた意匠なのが良い感じです。
個人的にワインのテリーマンとネイビーのウォーズマンがオススメ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 無念としあき より:

    ギラつかなきゃブロッケンjr.じゃない?
    そうか?
    逆に、一喝されてなおギラついてあのマリキータに一矢報いる姿を見せられて、誰がブロッケンjr.の成長を、変化を感じる?
    そいつパートナーからのタッチを拒否するような奴だぞとかネタのように言ってるけど、バッファローマンのタッチを拒否したのはアレが恐怖からの逃げのタッチだったからなのを、まさか忘れたとは言いますまい?

    「ブロッケンjr.はこうでなきゃ!」
    なるほど、ファンなら期待があるよな。
    でも死にフラグだわそんな活躍。
    前話までの決意も、旧友からの激励も全部台無し。
    まあそれでこそゆでたまごって気もしないでもないけどさ。個人的な意見ですが…なんて言い方しないで「好みの展開じゃなかったんで不満でした」って正直に言いなよ。

    • カレースキー より:

      無念としあきさん

      貴重なご意見ありがとうございます。
      まず当サイトの文章はあくまで個人の感想であることをご理解ください。意見の合わない方、読んで不快に思われる方がいらっしゃるのは当然の事かと思います。
      もちろん私は自分の意見が正しいと主張をしているつもりは全くありませんし、意見を押し付けるつもりもありませんので不快であればブラウザバックをお勧め致します。
      ちなみに今回の感想については「好みの展開じゃなかったんで不満でした」とそのように誰でも読み取れるように書いているつもりですので、わざわざこれを特筆する必要も無いかと思います。
      これで回答になっていますでしょうか。

  2. なんてこ より:

    初めまして
    該当回読み終わった後に こちらのサイトが表示されておりましたので 流れ着いたものです
    とりあえず 読み終えての一言
    そうだーっ 俺もその意見に賛成だーっ

    これまで作品で 既出の タッグチーム とは毛色が違うので
    キャラの持ち味が生かされてないというのは同意します
    既出で近しい形態で言うと 師弟コンビ かなと思いますが
    フルメタルジャケッツ という名前からして
    司令官アタルと一軍人 ブロッケン という
    軍隊に忠実なタッグチーム なのかと

    軍隊といえば 命の危険を賭してでも 職務を遂行することこそが全て
    そこには キャラの持ち味など 一切介在する隙間もないのかもしれません
    それでもやはり見てみたいものであります
     
    嶋田氏が 今作は ソルジャーの物語と
    連載前に 語られておりましたので
    そのソルジャーと組むことで 新たな魅力が 開花することを のぞみ つつ
    連載を見届けたいと思っております

    以上 思いの丈を 音声にて 入力いたしました

    • カレースキー より:

      なんてこさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

      ひっそりとやっていたブログだったんですが、最近はGoogle先生の謎の優遇で人の目につく機会が爆発的に増えてしまい困惑している次第です。
      当ブログの感想はできる限り、思ったことを正直に書くスタイルをとっていますので賛同して頂ける方がいらっしゃるのはやっぱり嬉しいですね。
      ただ、どんなことを書いていてもやはり好きな作品のことなので、この試合も掌返しが出来るくらいに面白くなることを願っています。
      仰るように新たな魅力の開花に期待ですね。

      関係ない話ですが、今の音声入力ってここまで精度が高いんですね。技術の進歩スゲーなって感じです。

  3. キン肉マン大好物オヤジ より:

    今日は!いつも更新楽しみにしています。
    熱いギラギラしたブロッケン俺も好きです。最近のブロッケンは心なしか若さと未熟さがクローズアップされてなよなよ感が
    否めない気がします。捨て身で敵を道連れにしてでも倒す!そんなブロッケンが見たいなと思ってます。

    因みにキン消しのブロッケンは腕がもげやすかったなぁー

    これからも肉愛溢れる更新を楽しみにしています。

    • カレースキー より:

      キン肉マン大好物オヤジさん、応援ありがとうございます。

      飽きっぽい私がこのブログを続けられているのも、皆様の応援とキン肉マンという作品のパワーのおかげだと思っています。
      スローペースですが今後も更新を続けていければと思いますので、今後とも見守っていただけると嬉しいです。

      >捨て身で敵を道連れにしてでも倒す!

      今までのブロッケンの印象ってまさにこの一言に尽きると思うんですよね。
      それでも今のゆで先生ならそれ以上の魅力あるキャラクターに進化させることも可能だと思うので、そちらにも期待しています。

  4. かちかち より:

    それにしてもフェニックスとゼブラが負けるなんて、今後の展開が・・・オメガ勢は運命の王子にあっさり倒されて、サタンの次なる最強の刺客がくると読んでいたのですが。
    オメガはかませ犬的な扱いなのに、運命の王子たちがここまででちゃって、しかも負けて、今後どうなっちゃうのか。フェニックスの負け姿見たくなかったです。
    ソルジャーとブロッケンは1000%勝と思いますが。

    • カレースキー より:

      かちかちさん、コメントありがとうございます。

      フェニックス、ゼブラの敗北は衝撃でしたね。あの強敵が……って意外性はかなりのものだと思います。
      こういった番狂わせを平気でやってくるからゆで先生は侮れないです。ホント先が読めない。まあ、だから面白いんですが。
      今の試合に関しては私もかちかちさんに同意見です。さすがにこれは期待通りの展開になるんじゃないかな~。

  5. olop より:

    何か煽ってる様なコメントがありますね。多分初めてこのブログを見たから記事が面白くなる様に書いてるのに気付かなかったんでしょうね。確か他のサイトでも似たコメントを見た気がします。

    今回は面白かったです。試合が本格的に始まったからかもしれませんが。アタルの俺がいる!もカッコ良かったです。

    記事を見てから見直してみましたが、ブロッケンはアタルに依存してる感じがしました。王位編みたいに挑戦していく感じでは無いのはアタルが実は凄い超人だと知ったからだと思います。
    後はネメシスやアリステラなど自分より強い超人がたくさん出てきたから萎縮してるのもあるかもしれません。

    • カレースキー より:

      olapさん

      いろんな意見の方がいらっしゃるのは当然のことですので、出来れば気にしないようにお願い致します。
      誰でも自分の意に反する意見は気に障りますからね。
      ブロッケンに関しては、実力的にはまああの中では一番見劣りするかもしれないので、olapさんの言うように委縮していたというのもあるかもしれないですね。
      もしくはアタルに場をゆだねた方が勝率が高いと考えた結果かもしれませんね。

  6. olap より:

    書き忘れたのでもう一回コメントします。令和ライダー公開されましたね。1号からここまで続いてるのは感慨深いです。デザインはピカチュウを仮面ライダーにしたって感じがしました。

    • カレースキー より:

      令和ライダー確認してきました。
      随分思い切ったカラーリングでびっくりです。まさにピカチュウ……。(´・ω・`)
      眼光の鋭さも相まって中盤で出てくるライバルキャラのようにも見えました。