スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第336話 最後の特別講座!!の巻 超人血盟軍再集結!【ネタバレ自重】

スポンサーリンク

今週のサムソン・ティーチャー

書きたいことはいくつかあるんですが、今回はひとつだけ。

キン肉マン336話より引用

やっぱりこの子供アシュラとの回想!

サムソンが何とも言えない表情でコッペパンを頬張るシーン
たつまきじゅごく!えい!のシーンが今のタッチで書き下ろされているのがたまらない。

キン肉マン336話より引用

特にコッペパンのシーンでは二人とも一番下の腕を座っている岩に固定していることが判明。
アシュラ一族の座り方ってこうなのか、と本当にどうでもいいことながら感激してしまった。
旧シリーズの回想で描かれていない部分を、今回あえて描き起こして、そんな細かい描写にこだわってくる中井先生のアシュラの腕の使い方への工夫に感心せざるを得ない。

新旧コッペパンシーンの比較は最後に載せておきます。

超人血盟軍について

取ってつけたようにザ・ニンジャとバッファローマンが登場し、超人血盟軍が久々に集結!

キン肉マン336話より引用

味方が人数的に少ないって図は何度も見てきたけど、敵の方が少ないって図はキン肉マンでは非常に珍しい。
作中で一人一人の力は超神の方が上ということが重ね重ね語られており、総合力で見ればいまだ3人である超神勢の方が強いのかもしれないけど、それでも味方の方が多いって画にしたのは英断なんじゃないかと思う。
個々の強さを考慮しない単純な頭数の上でのこととはいえ、3対5という数の暴力が成立する構図になってしまっているのが面白い。(もちろんそんなことにはならないだろうけど)

あえて超人血盟軍というチームとして集合させたわけなので、ここでチーム戦を行わないという選択があるようには思えないし、超神側はどこからか仲間を呼び寄せて頭数をそろえる流れになるのがスマートな気がする。
そうならないのであれば、休息の必要そうなブロッケンとアタルを休ませる展開で3対3に持っていくのもありえそう

もっともサタンクロスの欠片がすでに奪われている以上、超神側には戦いに応じないという選択肢があるので、このまま解散の流れも可能性としてはあるのが怖い。
超神がそれでも戦う理由としては、神を超える可能性・火事場のクソ力を宿した超人を根絶やしにするとかそんなのがいかにもな感じ。

とりあえずアシュラマンとナチュラルの戦いが早く見たいんですが、今年中には始まりますかね?
こんだけ気持ちを盛り上げといて、いつになるか分からないとか辛すぎる。

新旧コッペパン比較

コッペパンシーンの比較

jc版キン肉マン27巻より引用

キン肉マン336話より引用

以上。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キン肉マン大好物オヤジ より:

    考察更新有り難うございます!今回は涙を誘うような熱い師弟愛が見られて良かったなと思います。取って付けたようなニンジャ&バッファローの登場もあり血盟軍全員集合で先の展開が楽しみになりましたね(アシュラは以外と脚が速いんや。バッファローはともかく、イメージ的にはニンジャが一番速そうなんですけど(笑))
    次回は血盟軍は一度お預けで場面は代わってマンモスマン戦になるのかなぁと予想します。

    • カレースキー より:

      キン肉マン大好物オヤジさん

      コメントありがとうございます。
      急に出ましたねニンジャとバッファ。
      二人参戦で他の悪魔超人もまた出番があるかもしれないと今からソワソワしています。ジャンクマン出番あるかなぁ。
      足の速さというと、鳥取でのラージナンバーズ戦、対戦相手を決める迷路までの競争でウォーズマンがメチャクチャ遅かった記憶があります。
      イメージと実際の足の速さって結構差があるものなのかもしれません(笑)。
      次戦は順当にいけばマンモスですね。圧勝して「なんだアイツはー!?」みたいな超神のリアクションが見てみたいです。