スポンサーリンク

【カップヌードル】黒歴史の復活「日清 カップヌードル サマーヌードル」【レビュー・感想】

こんにちは、レトルトぱんとりーのカレースキーです。

梅雨の合間に覗く空模様がもはや夏のそれになってきていますね。
クソあっちいです。

そんな茹だる暑さの中、見つけてきたのはこちらでございます。

日清食品さんの「カップヌードル サマーヌードル」です。
かつて1995年に発売した際にはレモングラスをレモン味と誤解され、散々な結果に終わったという日清食品黒歴史のひとつ。

エスニックブームだからこそ食べて欲しいとのことですが、当時失敗に終わったお味が今さら通用するのでしょうか?

「レモングラス香るすっきりトムヤム味」もぶっちゃけトムヤンクンヌードルで十分な気がしますが、差別化は図られているのでしょうか?

残念な予感漂うこのお品、どんなお味なのか早速検証してみようと思います。

スポンサーリンク

作るよ

さくっといつものように作っていこうと思います。

蓋を開けたところ。
中身はけっこう彩り豊かで華やかな印象がありますね。

具材ではベーコンやたまごが特に目立ちます。
ベーコンが具材として使われているカップ麺は非常に珍しいですね。

お湯を注いで3分待ったら……完成です。

食べてみた感想

それでは実食に入っていきます。

完成がコチラ。
やはり彩りが良く、あざやかで綺麗ですね。

トムヤンクンヌードルより弱いですが、確かにレモングラスの香りがします。
スープの色もトムヤンクンヌードルより大人しめですね。

お味の方はどうでしょうか。

口当たりは大人しく、トムヤンクンヌードルのように強い酸味を感じるようなことはありません。
どちらかといえば、あっさり系のスープで、それに噛みあわないピリッとした辛さが舌を突きます。

具材としてはベーコンの食感が主張してくる感じ。
旨みも感じられて良い感じなのですが、いかんせんスープや麺との相性が特別良いとも思えず残念な仕上がりになっています。

黒歴史はやはり黒歴史というか、インパクトも無く、不味さも無く、ただ単に売れなかったラーメンという感じの出来でしたね。

この度もごちそうさまでした。

商品情報

購入価格:180円+税

一人前:73g

エネルギー:327kcal

たんぱく質:8.0g

脂質:12.7g

炭水化物:45.1g

ナトリウム:1.9g

お湯の目安量:310ml