スポンサーリンク

その味メダリスト級?「水谷隼カレー」を食べてみた。【レビュー・感想】

こんにちは、レトルトぱんとりーのカレースキーです。

今日はジメジメした梅雨らしい陽気だったので、特に出かける気も沸かず1日中家にいました。

洗濯物はやっぱり外に干したい派ですので、お休みの日ぐらい晴れて欲しいと思うのは身勝手でしょうか。

そんな日はやっぱりカレーということで、本日ご紹介するお品はコチラでございます。

フリーデンさまの「水谷隼カレー」でございます。フリーデンと聞くとガンダムXの戦艦を思い出します。

リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した卓球の水谷隼選手のビジュアルが非常に目を引くパッケージとなっていますね。一時は品薄だったこともあるそうですよ。

パッケージデザインといい、色合いといい、水谷選手の素朴な表情といい、なんとなく昭和を思わせるレトロな雰囲気を醸し出しています。

「ボクのパワーの原動力!」と水谷選手がおっしゃるこのカレー。

パッケージ裏面によれば、「スマッシュ級のおいしさ」とのこと。

一体どんなお味なんでしょうか?

スポンサーリンク

やまと豚とは

パッケージで強調されている「やまと豚」という品種。恥ずかしながら私はこのパッケージを見るまで、見たことも聞いたこともありませんでした。

やまと豚とはどういった品種なんでしょうか。

気になって調べてみると、なんとこのカレーを販売しているフリーデンさまのオリジナル品種の豚で、養豚から加工、流通に至る一連の流れをフリーデンさまで管理しているそうです。

特徴に、加工品でもその旨味を楽しめるとあるのでカレーにも期待できそうです。

 食べてみた感想

さて、早速頂いてみようと思います。

少し長めの湯煎を済ませ、ご飯にかけます。

パッケージで水谷選手が食べているものより色が濃い目です。

今まで紹介してきたカレーの中では、圧倒的に一番具が大きく、ゴロゴロという言葉はコレのためにあるかのようですね。

具材は例のやまと豚、じゃがいも、人参が見えます。すべて大きめの角切りで贅沢に入っています。

そしてコチラ。

外付けの辛味スパイスです。

「辛さはお前らが決めろ」と言わんばかりの豪気な姿勢。パッと見、唐辛子がメインみたいですね。様子をみながら足していくのが良さそうです。

さて、お味の方はどうでしょうか。

ルーとご飯を合わせて頂きます。

野菜の旨味、甘さが良く出ているルーであっさり目。

やまと豚は柔らかく煮えていて、旨味も残っており食べ応えがあります。いい品種なんだと思います。

豚だけでなく、野菜も良いものを使っているのが素人目にも分かるぐらい良い味です。

辛さは本当に控えめなので、付属のスパイスを足しながら頂くのが良いかと思います。

スパイス自体は塩、唐辛子、胡椒とシンプルな配合になっているので、大きく味を変えることなく、辛さの調整が可能です。好みの辛さで食べさせてくれる配慮が良いですね。

今回のお味の評価は

☆☆☆☆☆☆(10段階中6)

とさせていただきます。

この度もごちそうさまでした。

悪い点が見当たらない上質なカレーで美味しいのですが、いかんせん味が地味かなと思いました。もう一味欲しいです。

基本情報

購入価格:500円ぐらい

1袋:200g

エネルギー:225kcal
たんぱく質:10.6g
脂質:8.8g
炭水化物:25.8g
食塩相当量:2.8g

ナトリウム:1084mg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする