スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第273話 仇敵への謁見!!の巻 超人ハンターオメガマン誕生秘話【ネタバレあり】

前回の感想はコチラ

スポンサーリンク

オメガマン・ディクシア過去編

先週、アリステラの口から語られる形で始まったディクシアの過去編。
引き続き今回もディクシアの過去が語られるようです。

露骨に「」と書かれた扉の前に立つディクシアからスタート。
誰のお部屋か分かり易すぎる。
前回はアリステラが語るディクシアの過去だったのに対し、今回はディクシア視点のアリステラに宛てた手紙で語られていくようです。
時間軸は前回のラストのコマよりも少し遡る形になっていますね。

オメガの連中はディクシアが地球に辿り着く前から超人閻魔の正体がザ・マンであると知っていたので、以前から地球の情報を得ていたのは間違いなさそうなんだけど、その相手はサタンってことで良いのかな。

扉の先にはズラリと並ぶ完璧超人無量大数軍の面々。
ディクシアも彼らのことを実力派完璧超人と評しているのがなんか嬉しい。
マーリンマン、ダルメシマン、マーベラスあたりが本当に実力派なのかは甚だ疑問ではありますけど。
ピークア・ブーは成長後の姿なんで戦闘直後だったりするんだろうか。
そういえばグリム以外の無量大数軍はストロング・ザ・武道とザ・マンが同一人物だって知らないんだよな。
こんだけ雁首揃えて、この場に武道さんだけいないことに誰も疑問とか抱かなかったんですかねぇ。

地味ながらここで新情報が。
ディクシアの招集は完璧・無量大数軍の席に空きができたため
無量大数軍のメンバーには決められた人数しか入れなかったのか。
空きができた席というのが、ネプキン(完傑)とネプ(完狩)の2席だとすると、最大で14席用意されているってことか。
ご存知の方も多いかとは思いますけど一応、完傑と完狩の設定は超人閻魔帳が初出ですね。

先週の感想ではうっかりスルーしちゃったんですけど、無量大数軍が取り囲む玉座には超人閻魔ことザ・マンの姿があります。
恭しく膝をつきながらも、一族の悲願である仇敵の姿を目の前にしたディクシアの胸の内が書かれているのが何とも言えない。ディクシア視点での回想にしたのは正解だわ。

そして振り返った閻魔さんのこのインパクトである。
一応は閻魔っぽい服装してるんですけど、ベースがギリシア系デザインなんで違和感が半端ない。パッと見、バスローブ羽織ったおっさん。
背後にあるダンベルの祭壇のローマっぽさも違和感を助長してるよ。和洋折衷なんて夢のまた夢。
細かいことをいえば、笏の持ち手が逆。あれ右手で持つものだからな(※wiki調べ)。
オモシロ起源説で閻魔大王の起源は超人閻魔、笏の持ち手は元々は左とか言われたらぐうの音も出ませんが。

閻魔さんのお話はディクシアが察した通り、無量大数軍の補充の件。
完狩ネプの後釜か。……あれ、完傑ネプキンの後釜は?

目的のためとはいえ、私情を抑えTPOを弁えた発言、態度がとれるディクシアさんは密偵として優秀だな。
アリステラとかパイレートマンが代わりに潜入してたら、この場で揉め事起こして終わってたんじゃねーの。

閻魔さんが採用条件としてディクシアに出した指令、それがネプチューンマンの首を狩ること。
これで王位争奪戦での話に繋がるのか。

最後までノリノリで忠義に厚い部下をやり切るディクシアさんマジ役者。
このディクシアなら人間社会でも上手くやれそうだから困る。
ザ・マンはディクシアの忠誠心がニセモノだって見破れてたりするのかな。

一方、オメガ星では優雅に弟・ディクシアからの手紙を読むアリステラの姿が……。

って報告書って物理的な手紙だったのかよ!
こんな巻物みたいなのじゃなくてデータ的なヤツで送ってると思ってたわ。
だいたい誰が届けてたんだよ、これを。

「フォ~~~フォフォフォ」とか手紙に書いちゃうあたり、ディクシアにも茶目っ気があったのが分かってよかったけど。

フェニックスVSアリステラ

アリステラの回想は終わり、現在へ。
そして、

ディクシアはネプチューンマンがキン肉マンチームに助っ人として加入することまで先を読み、最も対戦する可能性の高いフェニックスチームに加入したことが判明。
なんかツッコミだしたらキリがなさそうな作戦ですが、これまでトントン拍子で事が上手く運んできたディクシアの出した策なんで根拠はきっとあったんでしょう。実際上手くいったみたいだし……。

そんなディクシアの唯一の誤算が「フェニックスがスグルに負けたこと」だとアリステラは力説。
ですが、ディクシアもスグルにアッサリ負けてますんで責任の所在はディクシアにもあるんじゃないですかね。

とかマジレスしたら、アリステラさんマジ切れしそうなんだよな。

まとめ

今回も前回に引き続き回想回でしたね。
私は懐かしい顔ぶれが見られれば喜ぶチョロイ読者ですんで、楽しめました。
ハシラの次回予告を見る感じだと、次回も昔話が入りそうな予感。
この試合の決着は、下手したら普通に3月末とかになるかもしれませんね。

ザ・マンは結局のところネプキンについてはどう考えてるんだろうか?一言ぐらい言及してほしかった。

最近はこれで遊んでることが多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. olap より:

    フェニックスが私は好きなので試合を進めて欲しいですね。スグルに負けたディクシアに責任がある。は私も同じ事思いました。キン肉マン最終巻を読んだんですけど、フェニックスはクソ力が戻らなければ倒す所までいったのでアリステラは言い過ぎかなと思います。先週アリステラが地球に来なくても良かったのにと言っていましたが、あれはクソ力を手に入れる事が出来たかもではなくザ・マンを倒せたかもしれないから怒ったんですねね。となるとディクシアがスグルに握手したのはザ・マンを倒してくれという意味でしょうか?

    • カレースキー より:

      olapさん、こんにちは。

      >となるとディクシアがスグルに握手したのはザ・マンを倒してくれという意味でしょうか?

      これはパイレートマンの時と同じで、スグル持つ力の可能性を目の当たりにしたことで母星を救う希望をスグルに託したって感じじゃないでしょうか。
      仇討ちを無関係であるスグルに頼むのは筋違いですし、死に際に案ずるのは仲間の事である方が自然ですから。

      >先週アリステラが地球に来なくても良かったのにと言っていましたが、あれはクソ力を手に入れる事が出来たかもではなくザ・マンを倒せたかもしれないから怒ったんですねね。

      これは解釈が難しいところですが、アリステラが感情的になって筋の通らない発言をしただけ(ぶっちゃけ、ゆでのミス)なんじゃないかと思っています。
      ザ・マンだけなら機会次第ではワンチャンあるかもしれまんせんが、パイレートマンが言うに最終的には「全ての神を打倒する事」がオメガの目的ですから、流石にディクシアひとりでは目的を果たすことは不可能だと思います。
      アリステラとパイレートマンで最終目的の共有がされていないと考えればこの限りではありませんが。

  2. olap より:

    返信ありがとうございました。 質問なのですが、管理人さんはフェニックス好きですか?ネットだと卑怯だから嫌いという意見が多いですが私は王位編では他のチームも卑怯な事してるのであまり気にならないです。個人的にはマリポーサチームの方が酷い事してると思うんですよね。クソ力を奪う、ドライバーを失敗させる、カードで100トンを変形させる。まぁこの時キン肉マンチームは二人でフェニックスがした時は五人いたという違いはあるんですけど。

    • カレースキー より:

      > 質問なのですが、管理人さんはフェニックス好きですか?

      個人的には好きでも嫌いでもないですね。
      あえてコメントするならば「惜しいキャラ」って感じです。
      フェニックスは才能は随一のはずですが、家庭環境(育て方も含めて)のせいでそれを活かす生き方を身に着けることが出来なかった。それ故に劣等感が強く自己評価も低いから、知性の神に良いように使われてしまった印象。彼の行動の背後には常に知性の神がチラつくんですよ。
      本当に天才であるならば、逆に知性の神を利用するぐらいの方が魅力が出たんじゃないかと思うんですよね。
      だからこそ今のシリーズで新しい側面が見えることに期待したいと思っています。

  3. パチパチ より:

    はじめまして、記事作成お疲れ様です。

    個人的にはアリステラが言ってるフェニの「不様な敗北」とは、その結果よりむしろ
    「戦いに赴くうえでの精神」が「戦う前から敗けてた」事を指してるのではないでしょうか。
    王位編のフェニは明らかな格下相手には大物ぶってますが、アタルやスグルのような実力が拮抗する相手は直接戦う以外の手段でもって自身を傷つける事なく排除しようとしてましたし、
    肉チーム戦なんてフェニが余計な舞台づくりをしまくった結果、キン肉マン達の精神的爆発力を刺激するだけの結果に終わりましたからね。
    サムソン、マンモス、そしてディクシアと明らかに一線級の超人もちょっと不利になるとすぐ死兵にしようとする。
    孤高さと自信を有しながら強い結束力をもつオメガの一族にはその姿がより一層醜悪に見えると思います。

    カレースキーさんの仰る通り、実力があるくせに知性の神というブレイン役がいないと主体性を見出だせないってとこに、アリステラは怒ってるんだと思いました。

    • カレースキー より:

      パチパチさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

      >個人的にはアリステラが言ってるフェニの「不様な敗北」とは、その結果よりむしろ
      「戦いに赴くうえでの精神」が「戦う前から敗けてた」事を指してるのではないでしょうか。

      これはホント、その通りかもしれませんね。
      知性チームは采配さえ間違えなければ十分優勝を狙えたチームですから、チームの長であるフェニックスの「精神的な弱さ」がその足を引っ張ったのは確実です。
      アリステラも立場は違えど集団を率いていますし、チームリーダーとしての不甲斐なさは良く理解できる立場ですから、そこを責めたくなる気持ちは間違いなく強いと思います。

      >サムソン、マンモス、そしてディクシアと明らかに一線級の超人

      プリズマンさんがハブられてるところでクスッときましたw
      そういえば彼も精神面が微妙ですよね。

  4. アリスジャパン より:

    はじめまして。
    アリスの家の窓から見えるのってどうみても月と地球ですよね?
    気になってしょうがないんでコメントしました。 
    近っ!

    • カレースキー より:

      アリスジャパンさん、はじめまして。

      >アリスの家の窓から見えるのってどうみても月と地球ですよね?

      ゆでだからあり得るかもしれないですけど、
      地球とオメガ星団は1万6千光年離れてるらしいんで、よく似た別の星ってことでお願いします。