スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第264話 ふたつの宿願!!の巻 オメガの民の狙いは超人の神!?【ネタバレあり】

前回の感想はコチラ

スポンサーリンク

スグルVSパイレートマン

前回、パイレートマンの口からついにハッキリと語られた完璧超人始祖とオメガの民との因縁。
仲良し粗暴集団の始祖の襲撃に遭い、地球を追われることになったオメガの民の祖先がたどり着き、新たな安住の地と定めた星が直面していという問題。
それが星の寿命でした。

オメガの民が求め地球へやってきた理由である星を救うための力、それは何なのかというと……

ひとつはマグネット・パワー
パイレートマンは前々回マグネットパワーを使って見せたので、そのことについて言及するスグル。
パイレートマンの回答は、パイレートマンの使えるマグネット・パワーは以前も言っていたように、見よう見真似の真似事にすぎないものであり、若き生命力にあふれた地球でしか使えないというもの。

地球でしか使えない力なのに、地球に着いて間もないパイレートマンが使いこなせるのはどういうことなんだろう。
地球以外の星でも使えはするけど、地球でないと存分に力を発揮できないと考えるのが正解なのかな。

そんな真似事のマグネット・パワーでは星を救うには不十分という事で、最新の研究成果を求めサグラダ・ファミリアにあるサイコマンの研究施設を襲撃したということみたい。

そして彼らの求めるもう一つの力、それはそこに住まう人の力
そのふたつの力を融合することでオメガの星は蘇るというのがオメガの見解。
肝心な部分を端折りすぎてて、サッパリ細かい理屈は分かりませんが、ふたつの凄いパワーを足したらどうにかなるのは分かった。
もの凄く昔の漫画的でよろしい。

このコマで解説に回っているシルクハット教授超人は地味に応募超人なのか。
もしかしたらコイツがサタンの差し金で六鎗客にウソの情報流してたとかありそう。

回想ながら、ディクシア&アリステラのオメガマン兄弟がそろい踏みなのが見どころ。

続く解説。
住まう人の力ってざっくりしすぎでどんな力なのかと思ったら超人強度のことみたい。
ホントかよ!?他の作品なら、もっとこう人の想いとか情念的なものに設定してきそうですが、ゆでが選んだのは超人強度!流石すぎる……。

巨大な超人強度をもってしても災害の前には無力というシーンで……

火山弾をパンチで粉砕するアリステラや地割れを力ずくで塞ごうとするルナイトとパイレートマンらのインパクトが半端ない。脳筋すぎる。防災も力ずくで何とかするのが超人です。
火山は噴火する前にヘイルマンがどうにかできないんでしょうか?

落下する巨岩を受け止めるギヤマスターを見て、軒轅星もコンディション次第ではイケるんでは?と思った人もいるんじゃないでしょうか。あんなに恐れることないのにね。

そして火事場のクソ力を求める理由が明らかに。
ザックリ書くと……

地球には100万パワー程度の超人しか住んでいないのに、繁栄の一途を辿るのはなぜか?

それは火事場のクソ力があるからだ。

だからクソ力が欲しくて地球に来ました。

ってなんだこの理屈。
メチャクチャな暴論に聞こえるのは気のせいでしょうか?
そもそも「そこに住まう人の力=超人強度」「星に住まう人の力で星の寿命を救える」って前提は本当に正しいんでしょうか。
星の寿命と超人強度に何らかの因果関係があるのなら、オメガの星は高い超人強度の超人を多く輩出したから早く寿命が訪れたとかありそう。

パイレートマンの話す彼らオメガの民の事情を聞いたスグルの反応はというと……

「そもそも戦う必要なんてない!私はいくらでもお前たちに協力してやる!」
まあスグルならそうなりますよね。

火事場のクソ力なんかいくらでも持っていけというスグルの申し出に軽く頭を下げるパイレートマンかわいいな。

パイレートマンはスグルの申し出を有り難いとしながらも、その行為に甘んじることは結果スグルを騙すことになるといいます。
それは、星の再生という目的のために二つの力を手に入れた後、果たすべき悲願がもう一つあるから。

それは……

超人閻魔ことザ・マンの首をとること。
まぁ話の流れを考えればそうなりますよねー。

現状であれば不可能だと思いますが、もしパイレートマンがスグルに勝って火事場のクソ力を習得、さらにマグネット・パワーを完全に自分のものにすればザ・マン相手にも勝ち目はあるかもしれません。
ただ今回のように一戦一戦消耗する戦いをしている六鎗客がザ・マンまでたどり着ける可能性は万が一にもあるようには見えないですね。しかし少なからず勝算があるからこうして地球に来ているんでしょうし、単純な1対1の戦闘以外のところに策があると考えるのが妥当でしょうか。

パイレートマンのこの主張も当然スグルには受け入れられません。
星を滅亡から救うという大義の前に復讐の無意味さを説きますが、こちらもパイレートマンには響きません。

ザ・マンの首をとるという悲願の本質、それは全ての神の打倒
やたらと暑苦しく、ジェスチャーを交えながら自分の主張を披露するパイレートマンさん素敵。アメリカの政治家みたい(偏見)。
スグルもその迫力に圧倒されています。
要はカピラリア七光線の一件とか始祖連中の粛清の件とか、そういった一方的な神の無茶苦茶が許せないってことか。
お前らもモブ超人相手に無茶苦茶やってて大概だけど、まあ主張は分かる。

だから神と対極に位置するサタンと手を組んだと。
最大の悲願は星の再生よりもこっち。
そりゃあ邪悪五神も出張ってくるわ。
むしろ他の100の神々は何やってんの!?
ロビン復活のカギはこいつらにあるか?

パイレートマンの迫力とスケールのデカい悲願の前に動揺を見せるスグルでしたが、すぐに立ち直るのは流石。
考えを改めるよう促し、対話の道を模索するように進言します。
しかし取り付く島もないパイレートマン。
お互いの主張が受け入れられないと理解した2超人。
彼らがすることと言えばただひとつ。

闘いを通して自分の主張を通すこと。
分かりあうために戦うと覚悟を決めたスグル、そしてそれを迎え撃たんとするパイレートマン。
このパイレートマンという男、話は通じるし、先のピークア・ブーのように分かり合えそうな気配がプンプンしてるんですが、どうなるかなぁ。

闘いの方はすっかり仕切り直し。
初っ端からクソ力を発動するスグルと8000万パワーを誇るパイレートマンのロックアップでスタート。
スグルは他の超人と違って完全に自分の意思でクソ力をコントロールできてる様子。

そんなスグルが誇る火事場のクソ力でさえも力ずくでぶん回すのがパイレートマンのパワー。
ここからが本番という流れで次回に続きます。

まとめ

ようやくオメガの民がどういった理由で火事場のクソ力とマグネット・パワーを求めるのかが明確になりました。

そしてその裏に隠れていた真の狙い神々への粛清。
完全に地球の超人とばっちりです。
ただ、それだけの事なら運命の王子が参戦した理由をスグルに詳細に話さなかった意味が分からないので、他にも何かありそうなんだけどな。

本格的にスタートしたスグルVSパイレートマン。
ゆで先生が試合中に超人強度の話を持ちだしたときはそれが試合のカギになるケースが多いので、今回もそんな感じになるんでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ガテゾーン より:

    更新お疲れ様です~。
    パイレートマン、とってもいいヤツっぽいですね!w
    まあ相変わらず言ってることは滅茶苦茶で…超人強度100万程度の超人の星が繁栄しているのは火事場のクソ力の所為?元々スグルしか使えない力なのに??しかもスグル含め他の超人がクソ力を使えるようになって地球に影響与えるほど年月過ぎてます???
    火事場のクソ力をマグネットパワーに転換して、星に注入→再生というならその理屈は分からないでは無いですが。
    スグルの超人強度がクソ力込みで王位争奪編の頃の7000万パワーとすれば、元の強度から約70倍…ゆで先生理論でパイレートマンも56億パワーくらいいけるかもしれません。オメガの民の生き残り数によっては総量で兆とか京という単位も夢じゃないかも…腕力で地割れを抑えようとしてる奴らにできるかは別として。
    まあ冗談はさておき、結構根拠を欠く理論で話を進めているオメガ側。カレースキーさんも仰られるようにサタンに踊らされてる感満載ですね~完璧始祖が半数欠けているこのタイミングも何かと都合が良さそうです。未だその思惑はさっぱり不明ですが(^-^;

    • カレースキー より:

      ガテゾーンさん、こんにちは。
      変身が遅れてしまって申し訳ありません。
      パイレートマンは本当に良いヤツっぽいですね。それだけに騙されてそうな感じが余計強いんですよねコイツら。
      アホな悪い子がより悪いヤツに良いように利用されてる感がありますw
      そんなパイレートマンですが、今の時点でも地力は間違いなく高いでしょうし、クソ力を手に入れるようなことがあったら手を付けられないでしょうね。
      果たして始祖VS六鎗客が実現するのか今から楽しみです。このシリーズはどんな方向にでも流れを持っていけるような話の自由さがあるので、ゆで先生には予想の斜め上を期待しています、