スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第259話 キッドとの結晶技!!の巻 勝ちフラグ否定回【ネタバレあり】

前回の感想はコチラ

スポンサーリンク

ゼブラVSマリキータマン

試合の序盤から中盤にかけて試合ペースを握っていたゼブラでしたが、多彩すぎる戦術を持つ上に異常に硬い(カレクック戦の傷も浅くはないのに)マリキータマンの前に徐々に失速。

前回は黒ゼブラと白ゼブラの和解という勝ちフラグまで立てたというのに歯が立ちません。

ボロボロになりながらも未だ戦う意思を見せるゼブラさん。なにが彼をそうさせるのか。マリキータマンもゼブラのこの姿には驚きを隠しきれない様子。

そんな彼が最後に頼るのはやはりこれ。親友シマ馬キッドとの絆であるあの技。

このコマのキッドの顔……

妙に優しい目が昔と同じ。こんな細部にまでこだわりを見せてくるのが今のキン肉マン。

今回のタイトルにもなっている、そんな親友が犠牲になってくれてまで生み出した技が……

ステカセに使い捨てられた事実をゼブラは知っているんでしょうか。気になります。

ゼブラを見守るようにメダルから浮かび上がったキッドの魂を受け止め、

鬼気迫る表情でその身を起こすゼブラ。

その姿、心の強さを見せつけるゼブラにマリキータマンにはひとつの懸念が。

それはスグルと対戦経験のあるゼブラは火事場のクソ力が使える可能性があるという事実。

使わせる前に仕留める覚悟でローキックの連打を浴びせます。

もっともゼブラ戦のスグルは……

クソ力を邪悪大神殿に封印されていたんで感染しているかは微妙ですけどね。

クソ力=友情パワーであるという新シリーズの解釈が適応されるならこの限りではありませんけど。他に、ロビンから感染したという可能性もありますから使えないと断言することはできませんが。

マリキータマンのローキックの嵐を満身創痍のゼブラは……

意地を見せる形で、喰らいつくようなドラゴンスクリューでこれをカット!

ダウンを奪ったその僅かなスキに全てを賭けんと……

マッスル・インフェルノのムーブに移行します。

そこから繰り出されるのは少し前に黒ゼブラも見せた新技「真・マッスル・インフェルノ」です。マッスル・インフェルノのバーゲンセールだな。

しかし今のゼブラは満身創痍、疲労困憊。そのコンディションの悪さは技にも現れ、受け手であるマリキータマンにもその事は良く分かるらしく……

容易にクラッチを外されてしまいます。

試合を諦めないゼブラの姿に、超人レスラーとしての思いの強さを認めるマリキータマンでしたが、思いの強さはオメガの民、同朋を思う自分自身のほうが上という自負もあります。

インフェルノで城壁に激突かという刹那……

僅かに態勢を崩したゼブラの隙を見逃さずマリキータウィングでインフェルノから脱出。

一度目のインフェルノから脱出した時と同じような流れですが追撃がさらに強烈!

カレクックに引導を渡した斬撃技「天道羽根抜刀」がここに来て炸裂!

この大技を受けても反撃に移れるゼブラのタフネス、心の強さは本当に称賛に値すると思います。

しかし、現実は残酷なもの。

そのゼブラ最後の反撃を軽々と回避したマリキータマンは、ゼブラの実力を認めながらも無慈悲にトドメの一撃を放ちます。

かつてアリステラとの戦いでしか見せたことのないという正真正銘の奥の手!

恥辱的な態勢ですが、はずかし固めでもまんぐり返しでもありませんよ。

マリキータデッドリーライド!

これは……!マジか!?

ビッグボディさまの勝利のせい(失礼)で完全に油断してた。
こりゃあマリキータマンの勝ちだわ、強すぎる。

インフェルノの株がまた落ちた。

まとめ

マリキータマンマジでクッソ強い!って感想しか出てこないんですが……。

肉体的、精神的、技術的に完璧な上に、豊富に奥の手隠してるとか化物か。突き抜けた強さではないけど、平均値が高すぎるでしょ。

六鎗客初登場の時なんか私、こいつクソ雑魚だろ?ぐらいにしか思ってなかったですよ。

その後もカレーをグニョングニョンされて情けない悲鳴上げてましたし

本気でカレクックに負ける予想してたもん(カレクックはカレクックで凄く強かったですけどね)。

ごめんよマリキータマン!見直した。

でもここまで強いと、どういった形でこのキャラを退場させるのかが本気で気になります。ゆで先生の事だからまだ考えてないだろうけど期待しています。

今思えば、初登場時に背転田楽刺し(っぽい技)を使ってた六鎗客はマリキータマンなのかなぁ?身軽なの他にいないし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする