スポンサーリンク

【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第258話 白と黒のデルモンテ会談!!の巻 ゼブラメダルと皮剥け人格統合回【ネタバレあり】

前回の詳しい感想はコチラ

タイトルの「デルモンテ会談」って既存の会談なのかと思ってググっちゃったけど、そんなもの存在しないのね。
今戦ってるのがデルモンテ城だっけ、そういえば。

それでは今回も感想のほうをボチボチ書いていこうと思います。( `・∀・´)ノ宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

ゼブラVSマリキータマン

試合を進めるごとに、その確かな実力と多彩すぎる能力が垣間見えるマリキータマン。
そんな彼がゼブラを黒ゼブラに染め上げたのには理由がありました。
ゼブラの持つ力、その全てを見てみたいというのはあくまで建前。
マリキータマンにとって黒ゼブラの方が白ゼブラより与し易い相手であり、それは勝利を確実なものにするためだったのだとか。
その事実を突きつけられた黒ゼブラでしたがそれを否定し、いまだ抗おうとします。
そんな黒ゼブラの前にボワッと謎の人物が声をかけてきました。何者だ~!

ゲェーッ!お前は白ゼブラ!
どうやら白ゼブラと黒ゼブラは完全に別の人格であり、お互いにその存在を認識
こうして言葉を交わすこともできるようです。
デルモンテ会談ってコレのことかよ。
マリキータマンの言う白ゼブラのほうが黒ゼブラよりも強いという事実、白ゼブラはこの事を承知しており、白ゼブラが言うには黒ゼブラもその事を理解しているみたい。
屈辱の黒ゼブラさん。

王位争奪戦でのスグルとの戦い見ると、どう見ても黒ゼブラのほうが強そうなんだけどね。
白ゼブラの方が強いってのが本当なら、パルテノンの存在意義ってマジでなんなの?

「血ぬられた怨念と憎悪のパワーをゼブラさまの王位継承に役立てるためにはるかアクロポリスからこの日本へやってきた」とは何だったのか……。この試合で判明したのが事実なら足引っ張っただけじゃねーか!

白ゼブラに諭されても自分の弱さを認めるわけにはいかないのが、黒ゼブラという男。
自信の主人格である白ゼブラを偽善者呼ばわりして追い払います。
そして、自分の存在意義を白ゼブラに認めさせるためには、自身がマリキータマンに勝てばいいと意気込む黒ゼブラでしたが、結果はお察し。

マリキータマンからはその意固地さが弱点であると指摘され、後頭部に両ひざげりを叩き込まれてしまいます。
そのまま再びダウンするゼブラの胸元(全身タイツに隙間でもあんのか?)からはメダルのようなものがわざとらしく転げ落ちます。フラグが立った

再び立ち上がろうとする黒ゼブラに肩を貸したのは、なんと白ゼブラ。
この別人格、物理的に干渉してきやがります。ゆで世界の多重人格ってこういうこと出来るの?

二人のゼブラの夢の競演。
そんな二人の会話から判明したことが幾つかあります。

・都合の悪い部分、汚れ仕事は全て黒ゼブラが担当してきた
・黒ゼブラの人格が誕生したのはシマ馬キッドを葬った時

何となくそんな気はしてたんで、それ自体は問題ではないんですが……

それよりもこのコマ、おかしくないですか?
「あの日お前は生まれた」「生み出してしまった」って白ゼブラ本人が言ってるんで、白と黒に分かれた時の回想、もしくはイメージなんだと思うんですが。
そんな場面、シマ馬キッドを葬った直後(と思われる)のパワフルマンから白ゼブラと黒ゼブラが誕生しちゃってます
イメージにしろ何にしろ、当時パワフルマンはキン肉マンゼブラではなかったわけで、その時誕生したのは黒ゼブラではなく黒パワフルマン(仮)じゃないとおかしいはずですよね。
単純にパワフルマンには2つの人格があるってことの表現ならこのイラストでも問題ないのですが、「あの日お前は生まれた」「生み出してしまった」のセリフと被せたことで訳が分からなくなってる気がします。

なんだかんだで、白ゼブラは黒ゼブラに擦り付けていた罪を自分の犯した罪と認め謝罪。
そして黒ゼブラを友と呼び、失うわけにはいかない大事な存在であると伝えます。
良いシーンではあるんですが、これって本来ならこの試合の前に済ませておいたら良かったんじゃね?スグル戦の後とかに。

先ほど転げ落ちたゼブラメダルからは二人を見守るキッドの霊。
ゼブラメダルのシマウマってキッドがモチーフだったんですかね。
親友の画かれたメダル、それを仲間の証として金だけで繋がったチームメイトに分け与えていたのかゼブラは。なんとも意味深な。

二つに分かれてしまった人格、それを一つに戻す。
白ゼブラの思い、キッドの願いを胸に受け、三度ゼブラは立ち上がります。
そして、黒ゼブラの皮がベリベリと音を立ててはがれていきます。こんな形で人格が統合するのか。
多重人格っていう精神的なものが物理的に皮がはがれて決着って凄すぎる。
文字通り一皮剥けやがった。

ただひとりのキン肉マンゼブラとして息を吹き返したゼブラは早速マリキータマンと打撃での攻防。
邪神ごときの手先」「サタンごときの手先」と口でもやり合います。
アリステラもフェニックスを「神を騙る邪どものガキの使い」呼ばわりしてたけど、超人ってやっぱり口悪いヤツ多いよね。カナダのあれとか。ギヤマスのあれとか。

鬼気迫る反撃を見せたゼブラでしたが、今までのダメージの蓄積が大きいのかハイキックを回避されてしまいます。
その隙を逃すマリキータマンではなく……

ゼブラの両手足を捕らえたままマリキータウィングで上昇。
縦回転し、高度からの落下技を慣行!
マリキータエリコプテロ!まだ奥の手あったのかコイツは!引き出し多すぎる。
この技、アタルのナパームストレッチのような態勢ですが、回転と羽根での飛翔がある分、より強力そうにも見えます。

今度こそヤバそうな勢いでブッ倒れるゼブラ。
久々登場のハラボテもこれはダメだと判断。
ノックに試合終了のゴングを促しますが、何かに気付いたハラボテは即これを撤回。

ゼブラに僅かながら動きが……?
という所で今週は終了。
どう見てもヤバそうなゼブラですが、ハラボテがゴングを見送ったということは逆転の目がまだあるって事ですね。
正直ここからの逆転は火事場のクソ力ぐらいしか思いつかないんですが(ボワ…が出てないから微妙だけど)、仮にそうだとすれば1億パワーのゼブラがクソ力ってスキーマンレベルが現実になるのも夢ではないかもしれませんよ。

まとめ

前々回思った通り、やはり黒ゼブラは別人格扱いでしたね。
そしてその黒ゼブラはキッドの件、その罪の意識を引き受ける形で誕生したことが判明。
こういっちゃあれだけど、キン肉マンなのに普通の漫画みたい

そして急にぶち込んできた白ゼブラ、黒ゼブラの和解イベント。
人格が分かれる原因となったキッドが二人の融合を望むシーン。
なにこれキン肉マンなのに普通の漫画みたい

でも皮が剥がれて人格が統合されるシーン、これは紛いもなくキン肉マン

そんな勝ちフラグビンビンなのに、特に良いところもなくマリキータエリコプテロの餌食になってしまうゼブラさんマジがっかりシマウマ。
ただゼブラの出番はもう一週あるっぽいんで、ラストのピク…を見落とさなかったハラボテスゲーって展開待ってますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする