スポンサーリンク

キン肉マン新シリーズ第257話 反撃の完全変態!!の巻 成虫→サナギ→成虫回【ネタバレ感想・漫画】

前回の感想はコチラ
今回の感想から「前回のおさらい」をカットしました。
よくよく考えたら要らないわアレ。

今回も感想のほうをボチボチ書いていこうと思います。( `・∀・´)ノ宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

ゼブラVSマリキータマン

黒ゼブラが空気読まずにいきなりぶっ放した真・マッスル・インフェルノをまともに受けたマリキータマンでしたが、ダメージはさほど大きくない様子。
個人的にはマリキータマンすげー!って感じより、やっぱりインフェルノ弱ぇー!って感じです。
黒ゼブラもマリキータマンが無事なことを想定していたみたいだし。
インフェルノって本当に三大奥義の一つなのか正直疑問。この技だけズバ抜けて不完全過ぎない?

インフェルノ一発ではマリキータマンを倒せないと想定していた黒ゼブラさん。
真インフェルノは地獄の序章に過ぎないという事で、更なる地獄に彼を誘います。

さっそく繰り出したのはゼブラブラッディドライバー
パイルドライバーで鉄柱に脳天を叩きつけるという形が、スグル戦で見せた……

キン肉ドライバー破り・グッバイキン肉ドライバーを彷彿とさせます。

そこからは得意の打撃技を用いたラッシュを用いてマリキータマンにダウンすら許しません。
とにかく顔面やら頭部やらを狙った攻めがえげつない!

しかしこれだけのラッシュを受けても、マリキータマンは相変わらず平気っぽいから恐ろしい。
ゼブラの地獄を生ぬるいと吐き捨て、自分たちがくぐってきた地獄を思えばいくらでも耐えられるといいます。

そして「こういう時は…これに限る」とシェルタリングピューパなるモードチェンジを慣行。
全身を殻のようなもので覆い、成虫になる前のサナギをフォームに変態します。
成虫からサナギという逆の流れで変身させるのがゆで先生っぽい。
普通は思いついてもやりません。
ゼブラはお構いなしにサナギータマンにパンチを打ち込みますが……

逆に拳を負傷。硬い!まるで難攻不落の鉄騎兵!
さっきゼブラの地獄にはいくらでも耐えられるって言ってたのは、精神的な意味合いじゃなくて、物理的にかよ!これをあの文脈から読み取るのは無理。

しかもこのサナギマリキータマン、とてつもない剛力。
怪力で有名な黒ゼブラが閂を外すことすらできません。
そして閂を極めたまま、サナギの背部がバリリリとやぶれマリキータモルティングで脱皮まで披露。
成虫→サナギ→成虫と何でもあり過ぎる変態です。さすがオメガの民、我々の一歩先を行っている!

試合を進めるごとにその万能感に拍車のかかってきたマリキータマン先生。
サナギの体でゼブラの動きを封じ、その隙に本体で攻撃するというひとりツープラトンまで敢行!


それがマリキータピューパ二重殺です!
これアレだな……

ザ・デモリッションズのデモリッション・ジャーマンぽいな。

この大技を受け、ゼブラは早くも虫の息。
当然っちゃ当然のダメージなんだけど、マリキータマンが尋常でないタフネスを見せつけているだけに、ゼブラが貧弱に見えてしまう。

ゼブラは意地を見せ、立ち上がり、反撃を試みますが……。
またしてもマリキータマンの新能力が発動!本当にコイツひとりで何でも出来るから困る。
マリキータウングからのウイングラッピングシャット
内側にある柔らかい翅で包み込むという捕獲系の技です。
餅みたいにピタって貼り付いちゃって性質はおろか、形状まで変わっています。
ホントどんな羽根なんだこれ。
普通の昆虫と比較して考えちゃいけないのかもしれませんが、ゆでマリキータマン以外にこの薄い翅をこんな用途に使うヤツは絶対いないと思う。

そして動きを封じた後は、さっきのお返しとばかりにウイングラッピングブレーンクラッシャーで鉄柱に叩きつけます。
今度こそ黒ゼブラ、ダウンです。

そんなゼブラを見下すようにマリキータマン、今度はおしゃべりモードに突入。
マリキータマンがゼブラを黒に染め上げたのは、ゼブラの実力の全てを見たいから、そう先週言っていました。
それはウソではありませんが、その真意は別のところにあったようです。
それは勝利を確実なものとするため。
怒りや憎しみをパワーとして戦うゼブラ、つまり黒ゼブラの方が白ゼブラよりも弱いからというもの。

この事実にゼブラは衝撃を隠せない様子ですが、読者からしてみれば先のカレクック戦が前振り、途中から近い試合展開になっているんでそこまででもないかな。
そろそろ終わりが近づいてきた感のあるこの試合。
この後のゼブラの身の振り方次第で結末が決まりそうですね。

まとめ

序盤はゼブラ主導の試合展開でしたが、今回でとうとう攻守が完全に入れ替わった感があります。
闘いが長引くほどに新たな能力を披露するマリキータマンの芸達者っぷりは異常。
普通に戦っても強いのに万能すぎる。マジ変態。

そして明かされたゼブラをムリヤリ黒ゼブラにした真相。
そこまで見越した上で試合を進めるセンスにも脱帽。

さてゼブラですが、旧シリーズで使用した能力、テクニックは粗方使ってしまった印象。
そして真インフェルノも駄目となっては、ここからの逆転の目としてはやはりシマ馬キッドの存在が大きいでしょうか。
私としては敢えてパルテノンを出して、今の黒ゼブラは真の黒ゼブラにあらず、真の残虐ゼブラはパルテノン神殿の怨念がどうのこうの、みたいな展開が見たいんだけど絶対無いわな。
白ゼブラに戻って勝つんなら、もう一段階上の真真インフェルノに期待。

あと、更新情報なんかをお届けできればいいなと、試験的にTwitterを導入しましたんで宜しければそちらもよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ガテゾーン より:

    更新お疲れ様です~。
    サナギ便利ですね~かなりの攻撃力・防御力アップのようですし、このまま戦えばいいので…ゲフンゲフン。しかし「ピューパ」は「サナギ」の意味で、実際てんとう虫の幼虫はこんな感じの見た目ですが…実況がよく「てんとう虫のサナギの様だ~!」って例えられますね!僕には鱗か鎧の様にしか見えないのですが、虫博士ばりというか全般的に初見での実況力が凄すぎなのではw
    あと、カレースキーさんが仰るように成体→サナギ→成体の流れも凄いのですが、他の漫画ならサナギ→脱皮の流れだと大概ダメージリセット(回復)になるところ、マリキ―タマンはダメージそのままっぽいですねw流石にチート過ぎるか・・・。
    ゼブラかなりの劣勢ですが、逆にマリキ―タマンは今回全てのの技を出し尽くしたように思えます。そうなると勝利するのはやはり・・・ただここまでくるとゼブラにはインフェルノに拘るのではなく、キッド(シマウマ)の特性を踏襲したような新技で締めて欲しい、そんな願望もあります(^-^;

    • カレースキー より:

      ガテゾーンさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
      マリキータマンは本当に多彩な能力持ってますよね。見た目は六鎗客の中で一番地味なのに蓋を開けたら凄いっていう。
      確かに脱皮でダメージ回復というのは確かに良く見かける描写かもしれませんね。ここまで強いマリキータマンが回復まで出来たらもう完全にチートですよw
      結末についてはゼブラの勝ちだろうなと私も見てるんですが、マリキータマンが得意とする(はずの)八角形リングならではの戦いってヤツがイマイチ発揮できてないっぽいんで、ゆで先生がこれをどう消化してくるのかが気になっています。尺の都合で無かったことにするかもしれませんがw